引越しでエアコン移設(取り付け取り外し)する場合の費用の相場はいくらなの?

今現在使用しているエアコンを新居でも使いたいという人は、エアコン移設工事を業者に依頼しなければなりません。

エアコンを移設させるということは取り外しと取り付け工事を行わなければならない為、工事費用も多くかかることが予想出来ます。

業者によって料金設定も違うので、引越しで忙しい中で業者ごとに比較する必要性もあるでしょう。

費用の相場が分かれば、それを基準に業者が探しやすくなるのではないでしょうか。

そこで、引越しする際にエアコンの移設をする時の費用の相場などをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引越しの際にエアコンを移設する際の工事にかかる費用の相場とは?

引越しの際にエアコンを移設させる際には工事をしなければならず、費用もかかります。

業者によって費用が変わるので、費用の相場を知っておくことで依頼しやすくなるでしょう。

では、費用の相場と追加料金についてご説明しましょう。

エアコン移設の費用は業者によって変わる

エアコン移設は引越しの際に行ってくれる業者や電気屋、エアコン屋など様々ですが、エアコン1台を移設する際の料金相場は8000円から15000円となっています。

もちろん業者によって変わることがあるので、複数の業者に比較する必要性があります。

なお、エアコンを取りつける位置や室外機の設置場所などによっては追加料金が発生するので注意しましょう。

場合によっては発生する可能性がある追加料金の相場について

エアコン移設工事はエアコンを移設するだけでなく、その他の必要な工事を行うことがあります。

それは、

・エアコンの配管
・配管を隠す為のカバーの取り付け
・コンセントや電圧の切り替え
・エアコンの室外機の設置

以上の4つです。

エアコンの配管は元の配管が届かない時や、古くなった配管を交換する為に行われる工事で、1Mあたり2000円から3000円が相場となっています。

配管を隠す為のカバーを取り付けるのは、外側から見える配管を隠して綺麗に見せる為、そして直射日光による配管の劣化を防ぐ為に行われるもので、3Mセットで9000円が相場です。

コンセントや電圧の切り替え工事は、部屋の広さに応じて変わる電圧に対応出来るようにコンセントなどの電圧を切り替える必要性があり、4000円から5000円が相場です。

一口に室外機といっても設置する場所は様々であり、屋根の上やベランダ、二段置きなど設置場所に応じて金具が必要になる為、9000円から15000円が相場となっています。

これ以外にも様々な料金がかかる可能性があるので、事前に見積もりを出してもらうのが得策です。

エアコンの移設工事って主に何をするの?

エアコンの移設工事と聞くと単に取り外しと取り付けを行うだけだと思うかもしれませんが、実際に依頼してみると様々な作業を行うことがあるでしょう。

移設工事の際に気を付けることも多くあるので、実際にどんな工事を行うのかを知っておきましょう。

エアコンの移設工事を行う時の手順

まず、旧居のエアコンを取り外し、新居に運送して取り付け、後は細かい整備を行うのが移設工事の一連の流れとなっています。

エアコンを取り外した際には、当然エアコンを取り付ける為の穴が残ったままになります。

ほとんどの業者はエアコンを移設させる際にしっかり穴埋めを行ってくれますが、中にはしっかり穴埋め出来ているようで全く出来ていない手抜き工事を行う業者が存在するので注意しましょう。

次にエアコンの運送ですが、これには運送費がかかる為、引越しと同時に運送するか、引越しとは別にエアコンを運送するかで値段が大きく違います。

この時の運送費は料金相場を出すのが難しいものの、別々に運送してもらうよりかは引越しと同時に運送してもらった方が安く済ませられます。

そして新居に運送したエアコンを取り付ける工事に入ります。

この時、もしも新居にエアコンや室外機、配管など再利用出来るものが揃っていれば取り付けにかかる費用を抑えられる可能性があります。

エアコンを取り付ける際に配管の長さが足りなかった場合は配管を継ぎ足すことになりますが、ガス漏れなど安全上の問題が懸念されるので継ぎ足しが行われるケースはほとんどないでしょう。

エアコンの取り付けが終わったら移設工事が終了というわけではなく、問題なく稼働出来るように細かな整備を行います。

もしも新居にあるコンセントや電圧が移設したエアコンに対応していない場合、コンセントや電圧の切り替えを行わなければなりません。

移設工事を行う前にエアコンが対応していなかった場合は、取り付けを行う前に電圧やコンセントの切り替えを行うことになるでしょう。

そのエアコン、本当に移設する必要性はある?

今も使っている愛着のあるエアコンだから新居でも使い続けたいという人がいますが、そのエアコンは本当に移設する必要性があるのでしょうか?

エアコンには寿命があるので、移設と同時に寿命を迎えてしまっては意味がありません。

いざ移設させようとして迷う人も多く、引越しは新しいエアコンを購入するべきなのか考えるチャンスかもしれません。

では、移設するべきか新しいエアコンを購入するべきなのか、様々なポイントを見ていきましょう。

エアコンの寿命は約10年!寿命が近い場合は買い替えた方がいいかも?

移設する前にチェックしておきたいのは、移設する予定のエアコンの製造年数です。

もしも製造年数から10年以上、もしくは8年以上経っているのであれば移設させない方が賢明でしょう。

エアコンの寿命は約10年であり、寿命が近いにもかかわらず移設すると新居ですぐにエアコンが故障してしまい、移設にかかった料金が無駄になってしまいます。

エアコンはそうそう壊れるものではありませんが、製造年数を確認して寿命が近いと思ったら移設するのではなく、売るか処分するようにしましょう。

エアコンが対応している容量に注意しよう

エアコンはおおまかに10畳以下、20畳以下、20畳以上の3種類の容量に分かれています。

容量が少なければ本体料金も安くなりますが、容量が大きいと本体料金も高くなるので注意が必要です。

容量の大きさはエアコンの大きさに比例するものではない為、本体の容量をチェックしましょう。

エアコンの容量が新居に対応していなければ意味がない

先ほどのポイントに繋がりますが、エアコンの容量が新居の広さに対応しているかが重要です。

たとえば新居の広さが14畳分だった場合、そこに10畳用のエアコンを移設しても稼働効率が悪くなる一方です。

部屋の広さが合っていない状態でエアコンの冷房を稼働させても、部屋が全く冷えなかったり、部屋を冷やそうと思って稼働力が上がり、電気代の高騰に繋がってしまいます。

部屋の広さに対応するエアコンを移設してこそ意味があるので、容量が対応していなかった場合は買い替えを検討してみましょう。

ホコリやカビが溜まりすぎているエアコンは要注意!

エアコンを稼働させる際に気を付けておきたいのが、ホコリやカビの問題です。

ホコリやカビはアレルギーなどの原因になりますし、エアコンの寿命を縮める原因にもなります。

そんな危険なものがエアコンの風に乗って部屋中に舞っているとなったら、非常に恐ろしく感じますよね。

もし移設する予定のエアコンに多くのカビが発生していた場合は、買い替えを検討することをおすすめします。

エアコンを無料で処分するならこちらをおすすめします。

エアコンを無料で処分してもらう

エアコンの移設はどの業者に依頼するべき?

最初に説明したように、エアコンの移設は引越し業者や電気屋、エアコン屋など様々な業者に依頼することが出来ますが、結論から言えば引越し業者に依頼するのが一番おすすめ出来ます。

何故なら、エアコンの移設の際に起こるトラブルに対する対応力がまるで違うからです。

電気屋やエアコン屋の場合だと引越しの際に移設工事を行った後でエアコンが効かないなど、様々なトラブルが起きても対応してくれない可能性があります。

あくまで引越しに伴うエアコンの移設工事を請け負うだけなので、そこまで責任を負えないということになります。

しかし、引越し業者であればエアコンの移設工事も引越し作業の一部として扱われる為、エアコンが効かないなどのトラブルが起きても責任を取ってくれるのです。

それ以外にも引越しに合わせた移設工事を行ってくれるだけでなく、電気工事も行ってくれるなどメリットが多くあります。

後で別々に移設工事を依頼する必要性がなく、引越しと同時に移設工事を行ってくれるなど手間がかからないのもポイントです。

料金を安く抑えるなら一括見積もりがおすすめ

エアコンの取り付け取り外しの業者は引越し業者にお願いするよりも専門の業者にお願いした方がいい場合もあります。
ですのでまずは見積もりを取ってみましょう。

エアコンの移設費用を安くしたいなら複数の業者に見積もりを取ることをおすすめします。

「複数の業者に見積もりを取るのはめんどう…」

という場合におすすめなのが「エアコン業者の一括見積もり(無料)」になります。

最大で5社にエアコン移設の見積もりを取ることができます。

移設業者を比較することで安い業者を見つけることができるでしょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

エアコンの移設を安くしてくれる業者を見てみる(無料)

さいごに

新居に引越す際に今のエアコンも活用し続けたいのであれば、引越し業者に移設工事も依頼しましょう。

引越し先によってはエアコンの取り外しや取り外し以外に様々な料金がかかる可能性があるので、事前にどんな工事を行うのか確認する必要性があります。

また、引越しはエアコンを買い替えるチャンスでもあるので、少し古いと感じたなら買い替えを検討する必要性もあるでしょう。

今現在のエアコンは省エネ効果を初めとした様々なメリットがある為、これを機に買い替えてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちらになります。合わせてご覧ください。

引越しの際にエアコンをどうするか考えた時、処分することにした人もいるのではないでしょうか。 たとえ売りたくてもエアコンが古いせいで買取出来...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しで不要になったエアコンを売ることはできる?買取業者ってあるの?

引越しで不要になったエアコンを取り外し処分すると料金はどのくらいかかるの?

引越しを機にエアコンを買い替えるメリットは?買い替えの時期や年数はどのくらい?

引っ越し前のエアコンの掃除はどうするの?自分で?業者がやってくれるの?

引っ越しでエアコンを外すついでクリーニングすると代金はいくらくらい?

引越しでエアコンが不要になったけど処分はどうしたらいい?料金はどのくらいかかる?