引越しで不要になったエアコンを売ることはできる?買取業者ってあるの?

引越しの際に様々なものを処分しておくことがあるかと思いますが、エアコンをどうするか考えたことはあるでしょうか。

今まで使ってきたエアコンですが、新居に引越すにあたって不要となることもあるでしょう。

しかし、不要になったからといって捨ててしまうのは何だか忍びないですし、売ることが出来れば処分も出来て一石二鳥だと言えますよね。

本当に中古のエアコンを買い取ってくれる業者がいるのかどうかは疑問ですが、売った方が良いのではないでしょうか。

そこで、引越しの際に不要になったエアコンを売ることが出来るのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



エアコンを自分で処分するのはダメなの?

絶対にエアコンを売らなければならないわけではないので、自分で処分するのは全く問題ありません。

問題はありませんが、自分で処分する場合だと手間がかかるのでおすすめは出来ません。

エアコンは家電の一つではありますが、他の家電のように簡単に処分することは出来ないのです。

何故なら、家電リサイクル法に基づいた処分が必要だからです。

エアコンをリサイクルする為の料金を支払うまでは良いのですが、次にエアコンを購入した店舗に引き取りを依頼しなければなりません。

もしも購入した店舗が分からなかったり遠方にあって依頼出来ない場合は、別の引き取り業者を探すことになります。

また、エアコンを処分するのであれば自分で取り外さなければならないのかと思われがちですが、エアコンの取り外しは専門知識がなければスムーズに行えません。

自分の勝手な判断で無理矢理にでもエアコンを取り外そうとすると事故など様々な危険性があるので、専門業者に依頼する必要性があるでしょう。

したがってエアコンを処分するだけで家電リサイクル料金、取り外しの際にかかる費用、業者の出張費や運搬費用もかかるなど、基本的に処分費用が高額になりがちです。

このことから、エアコンを処分するよりも売った方が手間がかからず、費用もずっと抑えられるということになります。

買取業者を探して、早めに売ってしまいましょう。

引越しの際にエアコンを売るなら、どんなことに気を付ける?

不要になったエアコンを処分するより売った方が手間がかかりませんが、売る時も様々なことに注意しなければなりません。

エアコンを買い取ってくれる業者は一つではありませんし、エアコンを査定してもらう必要があるだけでなく、エアコンの状態にも注意しないと買い取ってもらえない可能性が出てくるでしょう。

エアコンを売ることの知識を学んでおかないと、いざ売る時になって損をすることになりかねません。

では、どのような注意点があるのでしょうか。

エアコンを売る時は買取業者にアドバンテージがある

エアコンを売る時はこちらが優位に立っているのではなく、買取業者にアドバンテージがあります。

何故なら、買取業者にエアコンを売る人は大半が引越しによって買取を依頼してくるからです。

引越しする時は新居に引越すまでの日数に余裕がない為、何としてでも売りたいという気持ちが先行しています。

業者は適正価格を提示するのが当然ですが、中には安く買い取られてしまう可能性もあるので注意が必要です。

こちらに知識がなかったばかりに後悔してしまうのを避ける為にも、様々な知識を学んでおく必要性があるでしょう。

売れるのは基本的に5年以内のエアコン!

自宅にあるエアコンの製造年数を確認してみてください。

製造年数から10年以上経っていませんか?

エアコンは寿命が約10年とされているので製造年数から10年以上経っていると買い取ってもらえない可能性が高く、値段がつかないまま処分費用がかさむことになりかねません。

エアコンに限らず、何を売るにしても新しいほど買取価格が上がるのが常なので、製造年数が新しいほど高額で売れる可能性が高くなります。

また、エアコンを売るなら製造年数から5年以内のものが比較的高く買い取ってもらいやすいです。

5年以内のエアコンは中古でも十分価値があると判断されているので、基本的に5年以内であればほぼ買い取ってもらえると言っていいでしょう。

もちろん5年以上経っていたら全く売れないわけではありません。

エアコンのメーカーやモデルによっては5年以上経っていても根強い価値がある為、多少値段が下がったとしても売るのがおすすめです。

エアコンの買取相場は容量でも決まる

エアコンの容量とは馬力のことで、製造年数とは別に買取価格が上がるもう一つのポイントです。

つまり、製造年数が5年以上経っていても容量が高ければ高く買い取ってもらえる可能性があるので、自宅のエアコンの容量を確認してみましょう。

10畳以下の容量だった場合、買取相場は1万円から4万円です。

20畳以下の容量の場合、買取相場は3万円から7万円となっています。

20畳以上の容量だと、買取相場は5万円から10万円です。

大半のご家庭にあるのは10畳以下のエアコンなので、基本的に需要が高いのが特徴です。

場合によっては4万円以上の値段で買い取ってくれることもあるので、査定に出して損はありません。

また、広いマンションなどに住んでいるなら20畳以下のエアコンが取りつけられている可能性が高く、10畳ほどではありませんが比較的需要が高めになっています。

20畳以上のエアコンともなると一般家庭ではあまり見かけませんが、長い間使いすぎていなければ10万円以上で買い取ってもらえる可能性があります。

エアコンを売るなら自分で取り外さないように!

エアコンを売る為に自分で取り外そうとする人が多く見られますが、処分ではなく売るつもりなら取り外さないようにしましょう。

素人が勝手に間違った方法でエアコンを取り外してしまうと、売れるはずのエアコンが売れなくなる可能性があります。

買取業者はエアコンの動作確認をしてからでないと買い取ってくれないケースがほとんどなので、自分で取り外さないようにすることが重要です。

また、買取業者はエアコンの買取と共に取り外しも行ってくれることがほとんどなので、一緒に取り外しも依頼するのがおすすめです。

間違っても自分の勝手な判断で取り外さないようにしましょう。

エアコンを高価買取してもらうにはどうすればいい?

どうせ買い取ってもらうなら高く買い取ってもらいたいですよね。

エアコンを高く買い取ってもらうには様々なポイントがあるので、5年以内に売る他にも様々なポイントを押さえておけば高価買取してもらえる可能性が高まります。

では、高価買取のポイントをご説明しましょう。

買取してもらうなら6月から7月にかけて依頼しよう

引越しの際にエアコンを売りに出すなら、6月から7月にかけて買取を依頼するのがおすすめです。

3月や4月など引越しのシーズンの方が売れると思われるかもしれませんが、エアコンが必要な時期になる夏場は需要が高くなります。

冬場だと寒くなる一方なのでエアコンの需要が上がるかと思われるかもしれませんが、冬を越せば後は暖かくなるだけなので使用回数が減ってしまいます。

6月や7月だとこれから厳しい暑さが襲ってくるので、エアコンの需要が跳ね上がり、その分買取金額が上昇しやすくなるのです。

引越しする時期によってはその時期に売れないかもしれませんが、なるべくならこれから暑くなる時期に買い取ってもらうことで通常の倍以上の売値になることもあります。

エアコンを売る前にしっかりと掃除しておこう

買取業者にエアコンの査定を依頼する際、エアコンの汚れは査定額を左右させるので、査定を依頼する前に出来る限り掃除しておきましょう。

今まで使用してきたエアコンにはホコリやゴミが溜まっているので、そのままではエアコンを劣化させてしまいます。

特にエアコンはカビの温床になりやすい為、徹底してカビの除去をするのがポイントです。

ただし、自分で出来る掃除といえば本体全体の拭き取りやフィルターくらいのもので、他は業者でないと綺麗にするのは非常に難しいです。

無理に隅々まで綺麗にしようとすると故障の原因になってしまうので、自分の出来る範囲で綺麗にしましょう。

自分が引っ越しする際に部屋の掃除を行ってから引っ越す人もいるのではないでしょうか。 部屋の掃除をある程度終わらせてから引っ越した方が気分良...

最初から煙草を吸わないこと

気づかずに煙草を吸い続けていた人は既に遅いかもしれませんが、煙草を吸わないこともエアコンの高価買取に繋がります。

煙草のヤニがついたエアコンは分解洗浄をしない限り確実にヤニを取り除くことが出来ず、買取業者からすれば非常に面倒なので買取すら拒否されてしまうこともあるほどです。

高価買取以前にエアコンを買い取ってもらう為にも、入居した時から煙草を吸わないようにするか、既に煙草を吸っているなら見えるところのヤニを徹底して取り除きましょう。

他の家電と合わせて買い取ってもらう

もしもエアコン以外に買い取ってもらいたい家電があるのであれば、最大のチャンスです。

業者によっては他の家電とまとめて売ることで査定額がアップするキャンペーンが実施されていることがある為、キャンペーン中に買い取ってもらうことで相場以上の値段になる可能性があります。

業者を探す際には、どんなキャンペーンが実施されているのかをチェックすることも大切です。

高価買取の最大のポイントは信頼出来る業者かどうか!

高価買取してもらう際に忘れてはならないのが、買取業者の問題です。

高価買取してもらえるかどうかは業者にもよるので、業者ごとの比較が非常に重要になります。

一番おすすめ出来るのはエアコンを購入した店舗で買い取ってもらう方法です。

エアコンを購入した店舗なら信頼出来るので、スムーズに買い取ってもらえるでしょう。

しかし、エアコンを購入した店舗が遠くにあったり、忘れてしまった場合は別の業者に買い取ってもらうしかありません。

業者の中には引越しする日が迫っていると足元を見てくるケースもあるので、必ず比較するようにしましょう。

信頼出来る業者を探す時には、

・取り外し料金が安い
・査定や見積もりが無料
・全国展開している

主に以上の3つのポイントを押さえましょう。

取り外し料金の安さは大きなポイントになる

取り外し料金が安い業者は、基本的に信用出来る業者です。

取り外し料金が高い、あるいは無料だと謳っている業者は何か裏があることがほとんどなので鵜呑みにしていると思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

相場は約4000円程度ですが、業者によって料金設定が違うので細かくチェックしましょう。

査定や見積もり料金を無料で行ってくれる業者は信用に値する

基本的に査定や見積もりの際に費用を請求してくるような業者は避けるべきです。

ここで費用を取られてしまってはエアコンを売る意味がなくなってしまうので、査定や見積もりを無料で行っている業者を探しましょう。

しかし、査定や見積もりが無料だったにもかかわらず様々なトラブルが起こることも少なからずあるので、無料というだけで飛びつかないように慎重に選びましょう。

全国展開は信用出来る業者の証

全国展開しているほどの業者であれば、多くの人達に信頼されている証拠でもあるのでしっかりとしたサービスを提供してくれるでしょう。

優良業者ほど様々なサービスを展開している他、料金も良心的である可能性が高いので優先して探すのが得策です。

さいごに

不要になったエアコンを処分するよりも、業者に買い取ってもらった方が手間がかからなくて済むでしょう。

中には悪徳業者が存在するので、適当な業者を選べばいいというものではありません。

様々なポイントに注意し、信頼出来る業者に買取を依頼してみてはいかがでしょうか。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しの際にエアコンをどうするか考えた時、処分することにした人もいるのではないでしょうか。 たとえ売りたくてもエアコンが古いせいで買取出来...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越し前のエアコンの掃除はどうするの?自分で?業者がやってくれるの?

引越しでエアコン移設(取り付け取り外し)する場合の費用の相場はいくらなの?

引越しでエアコンが不要になったけど処分はどうしたらいい?料金はどのくらいかかる?

引越しを機にエアコンを買い替えるメリットは?買い替えの時期や年数はどのくらい?

引越しで不要になったエアコンを取り外し処分すると料金はどのくらいかかるの?

引っ越しでエアコンを外すついでクリーニングすると代金はいくらくらい?