引越しの報告は年賀状と一緒にしてもいいの?例文はある?

 

年始や正月休みに引越す人が考えなければならないのは、年賀状の扱いについてです。

毎年必ず年賀状を出している人にとって、引越しと被った時は引越しの報告も合わせて行う必要性があるでしょう。

別々にはがきを出すよりも引越しの報告と年賀状を一緒にした方が効率が良くなりますが、はたして一緒にしても良いのでしょうか?

この記事を読み込むことで、引越しの報告と年賀状を一緒にしてもいいのかが分かります。

それでは、引越しの報告と年賀状を一緒にしても大丈夫なのかご説明しましょう。

引越ししたと同時に年賀状も出さなければならない人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引越しの報告は年賀状と一緒にしてもいいの?

結論から言えば、アリと言えばアリですが、相手によっては止めた方が良いかもしれません。

何故なら、年賀状と引越しの役割がまるで違うからです。

それでは、引越しの報告を年賀状と一緒にしてもいいのかについてご説明しましょう。

年賀状と引越しの報告を一緒にする場合は、親しい人だけにしよう

基本的には引越しの報告と年賀状を一緒にしても構いません。

ただし、出す相手によっては失礼になってしまうので注意した方が良いでしょう。

何故なら、引越しの報告と年賀状では意味合いが全く違ってくるからです。

年賀状は新年の挨拶であり、相手が1年間健康に暮らせるように願うために送るという明確な意味を持っています。

対して引越しの報告は相手に対する配慮などではなく、完全に自分のプライベートな報告になるので、一緒にしてしまうと本来の年賀状としての意味が薄れてしまうのです。

もちろん引越しの報告と年賀状を別々に送るのは非常に面倒だと思う人もいるため、引越しの報告と年賀状を一緒にしても構いません。

むしろ年賀状の形式にこだわりを持っている人の方が少ないので、そこまで気にする必要性もないでしょう。

しかし、中には引越しの報告と年賀状を一緒にすることを良しとしない人もいるため、できれば上司などの目上の人に対しては引越しの報告と年賀状を別々に送った方が良さそうです。

なぜ引越しの報告と年賀状を一緒にするのは避けた方がいいの?

引越しの報告と年賀状を一緒にするのを避けた方がいいとされているのは、様々な理由があります。

まず、相手への印象が良くなること、相手が住所録の管理がしやすくなること、住所変更に気づかないことを防げることなどが挙げられます。

引越しの報告と年賀状を別々に送ることで、相手から手間をかけてでも別々に報告してくれたということで、丁寧な印象を与えるでしょう。

さらに、年賀状を送るために住所録を作成している人にとって、年賀状と共に引越しの報告をされても後回しにされてしまう可能性が高くなります。

年賀状が届き、後から引越しの報告が届いた方が住所録の管理がやりやすくなるでしょう。

そして、毎年多くの年賀状が届く人にとっては、名前だけを見て引越しの報告に目を通していない可能性も考えられます。

このままだといつまでも旧住所宛てに年賀状が届くことになりかねないので、別々に報告した方がリスクがなくなります。

これらの理由から、引越しの報告と年賀状を一緒にするのは、なるべく避けた方がお互いのためになるでしょう。

引越しの報告と年賀状を一緒にする時の注意点

引越しの報告と年賀状を一緒にする場合、様々な注意点があります。

一つにまとまって手間がかからないからといって安易に一緒にすると、かえって面倒なことになりかねません。

それでは、引越しの報告と年賀状を一緒にする時の注意点についてご説明しましょう。

引越しの報告のハガキは面倒でも出した方が良い

引越しの報告と年賀状を一緒にしていい人ならともかく、別々に出す必要性がある場合だともはや引越しの報告はしなくても良いとさえ思ってしまいますよね。

しかし、自分と繋がりのある人ならたとえ面倒でも報告した方が良いでしょう。

相手は自分の引越し先を知らない状態になるので、引越し先を教えてくれていないということはそれだけ信用されていないと思われてしまいます。

引越しでバタバタして報告する暇がないかもしれませんが、自分と少しでも繋がりがある人にはなるべく引越しの報告を行うのがベストです。

引越しの報告と年賀状を一緒にする場合、どのタイミングで出すべき?

もし引越しの報告と年賀状を一緒にする場合、送る時期が混乱することになりかねません。

引越しの報告に期限はないのでいつでも構いませんが、年賀状と同時に出すとなると正月明けに出した方が良いのかと思ってしまいますよね。

しかし、相手から年賀状をもらうことを考えると、もし引越しした後に引越しの報告と年賀状を一緒にしてしまうと、相手が出す年賀状が旧居に届いてしまいます。

その点でややこしい問題が発生するため、年賀状を出す時期に困ってしまうでしょう。

引越しの報告と年賀状を一緒に出す場合は、引越したその日から1ヶ月以内がマナーです。

たとえ相手が既に年賀状を出した後だったとしても、引越したと同時に郵便局に行って郵便物の転送サービスを申し込みましょう。

転送サービスを利用することで1年間は旧居に届く郵便物が引越し先の住所宛てに転送されるため、旧居に届く年賀状の行方を心配する必要性がなくなります。

引越しの報告と年賀状を一緒にする時の例文について

引越しの報告と年賀状を一緒にする場合、年賀状の文面を変えなければなりません。

この時にも注意点があるので、例文を参考にするのがおすすめです。

それでは、引越しの報告と年賀状を一緒にする時の例文についてご説明しましょう。

文面を書く時のコツ

引越しの報告と年賀状を一緒にする時には、文面の書き方にコツがあります。

まず大事なのは、以下の通りです。

・賀詞
・新年の挨拶文と引越しの報告
・引越した日にち
・引越し先の住所
・引越した理由

そして、引越し先の住所を目立たせることと、引越しの挨拶をメインにしないことです。

引越し先の住所を目立たせるのは、相手に確実に引越したことを知らせるためです。

中には多くの年賀状の対応に追われて内容を深く読む暇がない人がいるので、ここで新住所を目立たせておかないと余計な混乱を生むことになります。

また、引越しの報告と年賀状を一緒にする場合は、あくまで年賀状の文面がメインとなるので引越しの挨拶をメインにしてしまうと年賀状の趣旨と違ってしまいます。

新年の挨拶をメインにしつつ、新住所を目立たせることが一番のコツです。

引越しの報告と年賀状を一緒にする時の例文

まず、目上の人に送る年賀状の書き方は以下の通りです。

謹賀新年

旧年中はいろいろとお世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成○年元旦

なお、昨年○月に結婚し、これを機に左記(下記)に転居いたしましたのでお知らせいたします。
お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

新住所
電話番号
氏名

氏名は夫、妻、子どもの順番で記載します。

また、『なお~』から続く文面は工夫することができるので、文面を変えて記載しても良いでしょう。

そして一般的な文面の例文は、以下の通りです。

謹賀新年

昨年は変わらぬお付き合いをさせていただき、ありがとうございました。

至らぬところがあるかと思いますが、今年も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。

このたび下記へ転居いたしました。

お近くにお越しの節はどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

新住所
電話番号
氏名

いずれの例文も、新年の挨拶をメインに工夫した文面を記載しましょう。

決して引越しの挨拶をメインにせず、新住所を強調する形で記載することで相手に伝わりやすくなるでしょう。

さいごに

引越しと年賀状を出す時期が重なってしまった場合、別々に出すのは面倒ですよね。

引越しの報告と年賀状を一緒にするのは得策ですが、目上の人に出すのは避けた方が良いでしょう。

人によっては引越しの報告と年賀状を一緒にするとトラブルの元になることもあるので、えできれば別々に出した方が相手も喜ぶかもしれませんよ。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しをする際には、引越し先の住所を両親や友人など、様々な人達に知らせなければならないでしょう。 引越し先を知らせるにあたって転居はがきを...
引越しした時に忘れてはいけないのが、転居はがきを送ることです。 引越しした後に送るものなので、ただでさえ引越しの後片付けや手続きに追われる...
結婚してから引っ越す夫婦がいるように、結婚と引っ越しのタイミングは人それぞれですよね。 結婚や引っ越しの準備で忙しくしている以上、それぞれ...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

一人暮らし女性の引越しだから男性作業員に不安があるけどどうしたらいい?

大学卒業で県外に引っ越すけど引っ越し時期はいつがいい?準備はいつから?

引越し業者に女性スタッフはいるの?お願いすることは可能なの?

新築マンションに引っ越しする時って家具や家電の搬入ってどうなるの?

新築マンションへの引っ越しだと必ず幹事会社使わないとダメなの?

引っ越し業者に差し入れをしたいけど何がいい?どのタイミングでどのように渡したらい...