長距離の引っ越しでおすすめの業者はある?安いところはどこ?

様々な理由によってやむを得ず遠方に引っ越すことになった場合、引っ越し料金が高くなる可能性が高いでしょう。

遠方ということは長距離の引っ越しを行うことになるので、その分スタッフを拘束することになります。

移動時間が長いほど引っ越し料金が高くなる為、どのくらい料金が高くなるのかある程度予想した方が良いでしょう。

とはいえ、どこからが長距離になるのか分からない人もいるかもしれません。

ギリギリ長距離でなければ、何とか引っ越し料金を抑えながら引っ越せるのではないでしょうか。

そこで、長距離の引っ越しを行う時におすすめの業者などをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそもどこからが長距離扱いになるの?

どこからが長距離の引っ越しになるかといえば、基本的に100キロを超えたら長距離だと考えるのが妥当でしょう。

一般的に100キロ以内は短距離扱いになり、時間制で料金が決まります。

そして100キロ以上の長距離引っ越しは、距離で料金が決まります

当然短距離でも長距離でも移動する距離が長くなるにつれて料金が高くなるので注意が必要です。

ただ、同じ長距離でも基準によって料金が変わります。

まず、200キロを超える引っ越しは20キロ超える毎に追加料金が発生し、500キロを超える場合だと50キロ超える毎に追加料金が発生するようになっています。

これは引っ越し業者によって様々な料金設定の違いがあるので、業者に問い合わせる必要性もあるでしょう。

長距離の費用についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

近距離ではなく、長距離引っ越しになる人もいることでしょう。 どのような引っ越しをするにしても引っ越し業者を利用することになりますが、ここで...

長距離引っ越しを行う場合、業者の選び方のポイントとは?

長距離引っ越しともなれば、長い距離を移動することになるので安心して依頼できる引っ越し業者が必要です。

長距離を移動していると運んでいる荷物が破損したり故障したりするリスクが高まるので、業者の選び方に注意しなければなりませんね。

では、長距離引っ越しを行う時の業者の選び方のポイントをご説明しましょう。

長距離引っ越しをするなら、独自の運送網を持っている業者がおすすめ!

短距離の引っ越しなら何も心配することはありませんが、長距離の引っ越しを行うともなれば話は違ってきます。

それは、引っ越し業者が独自の運送網を持っているかどうかです。

特に運送網を持っていない引っ越し業者だと、自社だけで引っ越し先まで行くのが難しいことから、途中で仲介業者を挟まざるを得なくなります。

しかし、その場合だと仲介業者に依頼する分の費用を請求されることになりますし、荷物の紛失や誤送といった様々な問題が起こる可能性があるでしょう。

独自の運送網を持っている大手業者などはできる限り無駄がないように自社のみで運送してくれますし、その分荷物の紛失や誤送が起きる心配がほぼありません。

仲介業者を挟まないので、その分の費用が安いのもポイントです。

業者の見積もりをして対応力を比較する

引っ越し業者には非常に多くの種類があるので、どれがいいのかさっぱり分からない人もいるでしょう。

そんな時に役立つのが、引っ越し業者の見積もりです。

特に長距離の引っ越しともなれば、対応できる業者がいくつか絞られていきます。

渋滞や輸送方法、曜日、移動距離、荷物の量による輸送手段など様々なポイントがあるので、複数の業者に見積もりを依頼することで対応力が比較できるでしょう。

短距離の引っ越しなら対応できることでも、長距離の引っ越しとなれば対応しきれない業者がいるかもしれません。

安全で無事に引っ越し先に輸送してくれる業者を探す為にも、細かな質問に難なく答えてくれるかどうかも重要です。

不要品の回収を行ってくれるのか、見積もり結果の詳しい内訳など、分かりやすく説明してくれる業者ほど信頼できる業者だと言えるでしょう。

長距離の引っ越しになるほど輸送する荷物の破損や故障のリスクが上がるので、その保障をしてくれるかどうかも重要です。

長距離引っ越しを行う時におすすめの引っ越し業者

様々な業者の中でも、特に長距離引っ越しを行うのにおすすめの業者が存在します。

利用した人も納得の作業で、とても満足できる引っ越しを行ってくれるでしょう。

では、長距離引っ越しを行う時におすすめの引っ越し業者をご紹介しましょう。

カルガモ引越センター

格安で長距離の引っ越しを行ってくれる業者といえば、カルガモ引越センターです。

こちらの引っ越し業者は代表的な「全国引っ越しプラン」を提供しているのが最大の特徴で、ホームページに記載されている料金で引っ越し作業を行ってくれます。

一般的な引っ越しはもちろん、混載便やコンテナ便、空輸といった方法から一番安い方法で長距離引っ越しを請け負ってくれるのも特徴です。

こちらのプランを利用した人も、荷物の破損や故障といったトラブルも起きず、逆に次も是非利用したいという声が多く見受けられました。

格安で長距離引っ越しを行いたいなら、是非ともこちらの業者に見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社では「長距離スペシャル便」「長距離エコ便」を含めた3種類の長距離引っ越しプランを提供していますが、中でも「長距離エコリーズナブルパック」が最もおすすめできます。

このプランの特徴は3種類の長距離引っ越しプランの中で最も値段が安く、コンテナを利用して引っ越し先まで運ぶことです。

本来ならコンテナを利用する場合だと荷物をコンテナに乗せ換える作業があるので費用がかかりますが、このプランで利用するのは既にコンテナになっているトラックの荷台です。

つまり、乗せ換えることなく直接荷物を運び入れることができるので、余計な人件費がかかっていません。

通常のコンテナ便よりも驚くほど安い料金で長距離引っ越しができるのが最大のメリットだと言えるでしょう。

長距離の引っ越し料金を抑えるコツとは?

長距離引っ越しを行うにあたり、できる限り引っ越し料金を抑えたい人も多くいるでしょう。

引っ越し料金を抑えることができれば、その分の費用を他に回すことができます。

では、長距離引っ越しの料金を少しでも安くする方法についてご説明しましょう。

引っ越しのスケジュールを業者に任せる

通常の引っ越しではなく、長距離引っ越しの欠点は一世帯の引っ越し作業だけでスタッフやトラックを長く拘束してしまうことです。

長距離の引っ越しが終わった後、ただ帰ってくるだけではその分のガソリン代がもったいないでしょう。

長く拘束してしまった分、業者としても作業の帰りも有効に使いたいと考えているはずです。

そこで効果的なのが、引っ越しのスケジュールを業者に任せるという方法です。

業者がスケジュールを自由に調整できるようになれば、長距離引っ越しの帰りに別の引っ越しの予約が入れられる為、無駄なく仕事がこなせるようになります。

もちろん時間に余裕がある時にしかできませんが、スケジュールを任せることで引っ越し料金を安くすることができるでしょう。

混載便を利用する

引っ越し先に持っていく荷物の量が少ない場合、混載便を利用するのがおすすめです。

混載便とは自分の荷物と行き先が同じ他の人の荷物を一緒に運ぶ方法であり、無駄なく荷物が運べるので料金が安くなります。

ただし、他の人の日程に合わせなければならないので、これも時間に余裕がある人しか利用できないのが欠点です。

閑散期に引っ越す

引っ越しには料金が安くなる時期と高くなる時期があります。

料金が高くなる時期は繁忙期と呼ばれ、引っ越しの予約が殺到している時期なので全体的に引っ越し料金が高いのが特徴であり、デメリットでもあるのです。

しかし、中には引っ越しする人がおらず、業者が暇な閑散期という時期が存在します。

閑散期はただでさえ引っ越しする人がいないので、業者としては料金を安くしてでも引っ越し作業を請け負いたいと考えています。

つまり、閑散期は通常よりも料金が安くなるので、長距離引っ越しであっても安い料金で引っ越すことができるでしょう。

引越しの際に気を付けておきたいのが、引越しの繁忙期と閑散期です。 繁忙期は引越し業者が非常に忙しいのでなかなか予約が取れなかったり料金が高...

一括見積もりサイトを利用する

上記で引っ越し業者の見積もりを行うことをご説明しましたが、これには欠点があります。

1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼して結果を比較するのが目的だとしても、業者を探したりそれぞれにいちいち同じ内容を入力しなければならず、大変時間や手間がかかってしまいます。

これでは時間がない時に非効率となってしまうので、おすすめできません。

しかし、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」なら話は別です。

一括見積もりサイトの特徴は、何といっても複数の業者に見積もりを依頼するのに数分しかかからない点です。

同じ内容をそれぞれに入力する必要性がなく、しかも1度に最大10社まで見積もりを依頼することもできます。

長距離引っ越しを行う際の条件に合う業者だけに見積もりが依頼できるので、業者を比較しやすいのが大きなポイントです。

見積もり結果を比較することで他の業者に値下げ交渉を行う手段の一つとして利用できますし、見積もりを依頼したからといって必ずしも引っ越しを依頼しなければならないわけでもありません。

これから長距離引っ越しを行う予定があるのであれば、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

長距離の引越し料金が安い引越し業者を調べてみる(無料)

さいごに

長距離引っ越しは基本的に料金が高く、長距離に強い業者も限られています。

短距離と違って長距離を移動する時の注意点もありますし、業者選びにも注意する必要性があるでしょう。

安心して引っ越しする為にも、見積もりを依頼して業者を比較することが重要なのではないでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

一人暮らしの引越し業者の選び方って何かコツはある?注意点は?

海外に引っ越したいけどおすすめの引越し業者は?どうやって探すの?

海外に引っ越したいけどクロネコヤマトと日通ではどっちがおすすめ?

建て替えの引越しで荷物預かりサービスがある業者はどこ?