建て替えの引越しで荷物預かりサービスがある業者はどこ?

引越しをする予定がない人でも、やむを得ず引越さなければならないこともあります。

それが、自宅の建て替えによる引越しです。

現在住んでいる自宅を立て直す場合、その住人はやむを得ず引越さなければならなくなるでしょう。

とはいえ、急な引越しに対応できない人もいる為、荷物の扱いに困る人もいます。

そんな時に役立つのが、荷物の一時預かりサービスです。

荷物を一時的に預かってくれるのであれば、急な建て替えによる引越しを行うことになっても問題なく対応できるでしょう。

ただ、一時預かりサービスを利用する場合は費用がかかるので注意が必要です。

そこで、引っ越しの荷物の預かりサービスについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそも荷物の預かりサービスって何?

そもそも荷物の預かりサービスというのを耳にしたことがない人もいるのではないでしょうか。

荷物の預かりサービスとは主に引越し業者が一時的に荷物を預かってくれるサービスであり、急な引越しで移動しなければならなくなった人などにおすすめできます。

特に住まいの建て替えによって一時的な住まいに引越さなければならない時、一時的に住むだけなのに荷物を全て運び出すのは大変です。

そこで引越し先に運ぶ必要性がない荷物を、業者に預かってもらうのが基本的な活用法でしょう。

荷物の一時預かりサービスはどこの業者でもやっているの?

結論から言えば、荷物の一時預かりサービスはどこの業者もやっているとは限りません

ただ、基本的に大手の引越し業者やトランクルーム専門会社が一時預かりサービスを提供しているので、そちらを利用するのがおすすめです。

引越しのプランにサービスが含まれていたり、オプションサービスの一つとして提供されていることもあるので、まずは一時預かりサービスが提供されているかどうかを確認しましょう。

引越し業者で一時預かりサービスを利用するメリット

引越し業者で一時預かりサービスを利用する場合、様々なメリットがあります。

第一に、手続きが非常に簡単なことが挙げられます。

荷物の預かりサービスは引越し作業と一緒になっているので、何を引越し先に持っていくか、何を預かってもらうのかを決めておけばスムーズに手続きが進むでしょう。

しかも荷物を預けてから引き取るまでの間はちゃんと綺麗に梱包した状態で保管してくれるので、綺麗なまま元の住まいに運んでくれます。

また、通常だとサービスは別途で料金が請求されるところですが、荷物の量が少なく、保管する期間が短い場合は引越し料金の中に保管料が含まれる場合があります。

つまり、通常より安い料金でサービスが依頼できるということになるのです。

引越し業者で一時預かりサービスを利用するデメリット

様々なメリットがあるとはいえ、デメリットもあるので注意しましょう。

まず、最初に預けた荷物が自由に出し入れできないことが挙げられます。

引越し業者に預けた荷物を出し入れする場合は、別途で追加料金を支払う可能性が高いです。

したがって、後から荷物の出し入れをすることがないように、引越し先に持っていくものと預ける荷物をハッキリと分ける必要性があるでしょう。

さらに、預けた荷物をどれくらい保管するかによって、保管方法が変わるのもデメリットです。

数日程度ならトラックから降ろさないで保管しますが、1週間程度だと敷地内のコンテナに保存します。

1ヶ月以上保管する場合は、空調設備が整っている専用の設備に保管することになります。

つまり、長期間の保存に耐えられないものは預けない方が良いということになるでしょう。

業者からも保管する期間が長い場合、デリケートな荷物は予め断られることもあります。

建て替えで仮住まいに住む期間を計算して、預けておきたい荷物を選別しましょう。

トランクルーム専門会社で一時預かりサービスを利用するメリット

引越し業者ではなく、トランクルームの専門会社に荷物を一時的に預かってもらうことも可能です。

本来トランクルームは物置として利用される場所ですが、荷物を一時的に預かってくれる場所としても利用できます。

トランクルームに荷物を預けるメリットは、何より荷物が自由に出し入れできること、そしてデリケートな荷物も預けられることです。

元々物置として利用される場所なので、引越し業者のように荷物の出し入れによって追加料金が発生することはありません。

なのでもう一度出したり入れたりしたい時に非常に便利ですし、長期間預けていても何も問題がありません。

さらに、温度や湿度も管理されているので、デリケートな荷物も安心して預けられます。

もちろんセキュリティも万全の体制を取っている為、安心して預けられるのがポイントですね。

トランクルーム専門会社で一時預かりサービスを利用するデメリット

トランクルームの専門会社には様々なメリットがありますが、注意したいデメリットもあります。

最も気を付けたいのが、トランクルームを利用する際に様々な料金が発生するということです。

事務手数料や会員登録費用、敷金礼金、盗難保険を初めとする保険料が発生するなど、利用するにあたって事前に料金を支払わなければなりません。

そればかりか、利用を解約する際に解約手数料やカギの交換代を請求されることもありますし、荷物も自分で搬送しなければならないなど、多くのデメリットがあります。

いくら使い勝手が良いとはいえ、これでは引越し業者を利用した方がマシだと思う人もいるかもしれませんね。

トランクルームを利用する場合は、このようなデメリットがあることを覚えておきましょう。

荷物の一時預かりサービスが利用できるおすすめの引越し業者について

ここからは荷物の一時預かりサービスが利用できる引越し業者についてご説明します。

業者によって提供しているサービスの内容や料金が違ってくるので、どの業者がいいのか比較する必要性があるでしょう。

では、おすすめの引越し業者をご紹介しましょう。

サカイ引越センター

サカイ引越センターでは自宅の新築やリフォームによる建て替えのみ、一時預かりに対応しています。

料金は預ける荷物の量や期間の長さに応じて決まるので、訪問見積もりを行う必要性があります。

預ける荷物によっては追加料金が発生するので、何を預けると追加料金が発生するのか聞いてみましょう。

また、引越し先の明確な住所が決まっていない、海外から帰ってくるまでの間に預かってほしい、新たな引越し先が決まるまで預かってほしいなどといった理由で一時預かりサービスを利用することはできません。

もちろん一時的に預かってもらっている荷物の中から一部を取り出すことはできないので注意しましょう。

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスでは、建て替え引越しプランとリフォーム引越しの達人というプランの2種類を提供しています。

今回は建て替えの話なので、建て替え引越しプランとなります。

このプランは仮住まいへの引越しと仮住まいで使わない荷物の一時預かりがセットになっており、不用品の回収も行っているのが特徴です。

引越しと共に荷物も預かってくれる上に不要品回収まで行ってくれるので、引越しがスムーズにできるでしょう。

しかし、預かってくれる期間は原則として5ヶ月と決まっており、それを超えた分は相談した上で追加料金が発生します。

荷物の量と仮住まいから自宅の距離で料金が決定されますし、中には預かれない荷物もあるので注意が必要です。

アート引越センター

アート引越センターでは、トランクルームでの一時預かりができるオプションサービスを提供しています。

料金や荷物の量、預かり期間は直接相談しなければ分からないので、まずは問い合わせる必要性があります。

しかし、一部地域や時期によっては利用できないこともあるので注意しましょう。

見積もりをするなら、一括見積もりサイトを利用するのがおすすめ!

建て替えによって急に引越しをしなければならなくなった時、引越し業者を探さなければなりません。

そこで建て替えの為に仮住まいへの引越しを依頼することになりますが、気になるのは引越し料金です。

いくら仮住まいに引越すとはいえ、いずれ自宅に戻る引越しも忘れてはいけません。

そこで安く引越しをする為にも、複数の引越し業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼することで、安い業者に引越しを依頼することができます。

しかし、1社ずつ見積もりを依頼するのは、かえって非効率です。

条件に合う業者を探すのだけでも一苦労なのに、見積もりを依頼する時も時間がかかるので見積もりだけに時間を割くのはもったいないでしょう。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

この一括見積もりサイトは無料で利用できる上に、一度に最大10社まで見積もりを依頼することができます。

同じ内容をいちいち入力するような手間が省けますし、たった数分で依頼できてしまうので時間がない人でも手軽に利用できるでしょう。

依頼したからといって必ずしも引越しを依頼しなければならないわけではありません。

一括見積もりを行うことで業者ごとの比較や値下げ交渉もやりやすいので、引越しをするなら是非とも利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

荷物預かりサービスがある安い引越し業者を調べてみる(無料)

さいごに

自宅の建て替えを行うことになった時、全ての荷物を仮住まいに持っていく必要性はありません。

だからといって荷物の扱いはどうすればいいのか疑問に思った時に利用できるのが、荷物の一時預かりサービスです。

業者ごとに荷物を預かってくれる時の条件や料金などが違うので、見積もりや問い合わせを行って色々と質問をするのが得策でしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

本人には引越しする意思がなくても、現在住んでいる住宅の建て替えの為に仮住まいへ引越すことになりますよね。 建物が古くなったままではいつ倒壊...
自宅の建て替えを行うことになった時、そこに住んでいた住人は建て替えが完了するまで仮住まいに住まなければなりません。 急な引越しを行う上に、...
建て替えによってやむなく引っ越しすることになった場合、建て替えが始まる前までに仮住まいに引っ越さなければなりません。 建て替え工事が終了次...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

海外に引っ越したいけどクロネコヤマトと日通ではどっちがおすすめ?

長距離の引っ越しでおすすめの業者はある?安いところはどこ?

一人暮らしの引越し業者の選び方って何かコツはある?注意点は?

海外に引っ越したいけどおすすめの引越し業者は?どうやって探すの?