建て替えで仮住まいへ引越しする場合の費用の相場はどのくらい?

自宅の建て替えを行うことになった時、そこに住んでいた住人は建て替えが完了するまで仮住まいに住まなければなりません。

急な引越しを行う上に、建て替えが完了したら自宅に再び引越すことになるので短期間に2回の引越しをしなければならないでしょう。

仮住まいを探し、仮住まいに引越す時にも様々な費用が発生します。

いくら短期間しか住まない家だとしても、引越しすることには変わらないので非常にバタバタする期間でもありますね。

それでは、建て替えで仮住まいに引越しする時の費用の相場はどれくらいなのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



仮住まいを探す時には注意が必要

仮住まいを探す時に注意しておきたいのが、建て替え期間が短いほど仮住まいが見つかりにくいことです。

仮住まいが見つかりにくい一番の理由は、大家さんが短期契約を嫌がるからでしょう。

大家さんにとって家賃収入は何よりも重要なことであり、短い間に引越されてしまうとその分の家賃収入が再び得られなくなります。

では、仮住まいを探す時の注意点についてご説明しましょう。

短期契約は大家さんにとって避けたいことの一つ

何より大家さんにとって短期契約はできるだけ避けたいものだと予想できます。

たとえ短期でも家賃が支払われないわけではありませんが、短期なので数ヶ月もすれば再び空室になってしまいます。

長い時は半年ほど契約してくれるものの、短い時はたった2ヶ月ほどしか住まないことになるでしょう。

特に大家さんにとって嫌なのが、敷金や礼金の交渉、家賃を一括で払う代わりに安くしてほしいと交渉されること、そして再び入居者募集をしなければならないということです。

短期間しか住まないクセに敷金や礼金の免除を要求されたり、家賃の交渉を行ってくるのは痛手しかありません。

何より建て替えが完了次第引越しされてしまうのですから、再び入居者を募集しなければならないなど、苦痛でしかないでしょう。

入居者が引越した後にハウスクリーニングなどを行わなければならないので、大家さんの負担も大きくなります。

そんな状態では多くの大家さんが入居を断ってくるでしょうし、営業マンに相談したところで断りの電話がかかってくることもしょっちゅうです。

ペットを飼っている人が仮住まいを探すともなれば、さらに状況は悪化するでしょう。

何故ならペット可の賃貸物件は全体の10分の1にも満たず、物件を見つけるのに苦労するだけでなく、見つけたとしても断られる可能性が高いからです、

このように仮住まいを探すだけでも苦労するので、根気良く物件を探すか、何か対策を立てる必要性があるかもしれませんね。

詳しくはこちらをどうぞ。

建て替えによってやむなく引っ越しすることになった場合、建て替えが始まる前までに仮住まいに引っ越さなければなりません。 建て替え工事が終了次...

仮住まいに引越す時の費用の相場はどれくらい?

無事に仮住まいを見つけて契約してもらえた時、次に問題になるのは費用がどれくらいかかるかどうかです。

短期間に再び引越すともなれば、相当な負担がかかるので注意が必要です。

では、仮住まいに引越す際の費用の相場についてご説明しましょう。

仮住まいであっても通常の引越しと相場は変わらない

たとえ短期間で引越すとはいえ、仮住まいへの引越しにかかる費用はあまり変わりません。

変わらないどころか、短期間で引越されてしまうと大家さんが困るので、通常よりやや高い可能性もあります。

仮住まいに引越すにあたって費用がかかるのは、以下の通りです。

• 敷金:1ヶ月から3ヶ月
• 礼金:1ヶ月から2ヶ月
• 家賃
• 仲介手数料
• 火災保険などの保険
• 鍵交換代
• ハウスクリーニング代

基本的に以上の費用がかかりますが、駐車場や倉庫などを借りる場合はさらに費用がかかるでしょう。

家賃が10万円、敷金と礼金がそれぞれ2ヶ月分だった場合、敷金礼金だけで40万円、仲介手数料が10万8000円、鍵交換代とハウスクリーニング代が約5万円、保険一つにつき約1万円ほどかかることになります。

つまり、合計で65万8000円かかる上、契約する保険の数に応じてプラス1万円、駐車場代や倉庫代、そして引越し費用を含めれば総額100万円以上かかるでしょう。

一回の引越しでここまでかかるので、非常に大きな痛手になります。

建て替えによる引越しをするなら、建て替えプランが利用できる引越し業者を利用しよう

建て替えによる引越しは、仮住まいへの引越しと新居への引越しで合計2回の引越しを短期間で行うことになります。

1回の引越しだけで相当な費用がかかるので、それが2回ともなると経済的に厳しくなりかねません。

そんな時に役立つのが、引越し業者が提供している建て替えプランです。

では、建て替えプランについてご説明しましょう。

建て替えプランとは?

建て替えプランとは仮住まいへの引越しと新居への引越しの2回をセットにしたプランであり、2回分の引越しをするよりも費用が安くなるメリットがあります。

本来なら2回分の手続きをしなければならない場合でも、建て替えプランを利用すれば1回分で済みます。

建て替えプランを利用した場合、荷物の量と移動距離で料金が変動するので注意しましょう。

建て替えを行う場合は自宅に近い場所に引越すのが基本なので、移動距離による費用の上昇はほぼありません。

この場合、4人家族だと片道だけで20万円程度かかりますが、建て替えプランを利用した場合だと往復で25万円前後しか費用がかかりません。

建て替えプランを利用しない場合だと40万円前後かかるところが、利用することでおよそ半分くらい料金が安くなるので建て替えプランを利用するに越したことはないでしょう。

建て替えプランを利用する時は時期に注意しよう

建て替えプランを利用することで料金引越しが安くなりますが、料金が安くなるかどうかは引越しする時期も大きく関係します。

閑散期ならさらに料金が安くなるものの、繁忙期になると引越し料金は1.5倍ほど高くなるので注意が必要です。

引越し料金を安く抑えたいなら、なるべく閑散期か通常期に引越すようにしましょう。

また、引越し業者の中には詐欺を働く非正規の業者が存在します。

引越し業者が正規で引越しを行うには、陸運支局から許可を得ている証拠となるナンバープレートを取りつけなければなりません。

普通車なら緑、軽自動車なら黒のナンバープレートをつけていますが、これ以外の色のナンバープレートをつけた車両は無許可で引越し作業を行っているということになります。

念の為に車両のナンバープレートを確認しておきましょう。

建て替えプランを利用するなら、一括見積もりサイトを利用しよう

建て替えプランが利用できる業者は複数存在するので、業者ごとに見積もり料金が違ってきます。

それなら一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのが得策ですが、それだと比較はできても時間がかかってしまうので非効率です。

ここは一社ずつではなく、引っ越し料金の一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。

一括見積もりサイトの最大のメリットは、たった数分で一度に最大10社まで見積もりが依頼できることでしょう。

いちいち業者を探す必要性がありませんし、それぞれの業者からの見積もり結果を比較することも簡単にできます。

見積もり結果を比較することにより、他の業者に別の見積もり結果を引き合いに出すことで値下げ交渉を行うこともできるなど、一括見積もりによって得られるメリットは多くあります。

信頼できる引越し業者に依頼したいけど、他の業者の方が料金が安い時に交渉すれば安い料金で建て替えプランを利用することができるでしょう。

仮住まいへ引越すことになったら、建て替えプランが利用できる業者を比較する為に是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

仮住まいへの引っ越し料金が安い業者を調べてみる(無料)

さいごに

急に建て替えを行うことになった時、計2回分の引越し費用がかかると思っていいでしょう。

1回の引越しだけでも相当な料金がかかるのに、2回分の引越し費用がかかるのは痛手でしかありません。

そんな時は建て替えプランを利用するのが料金も安くなってお得なので、利用してみるのがおすすめです。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

本人には引越しする意思がなくても、現在住んでいる住宅の建て替えの為に仮住まいへ引越すことになりますよね。 建物が古くなったままではいつ倒壊...
引越しをする予定がない人でも、やむを得ず引越さなければならないこともあります。 それが、自宅の建て替えによる引越しです。 現在住んで...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

トラックの大きさや種類で引っ越し料金はどのくらい違うの?

布団を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?料金はいくら?梱包はどうするの?

夜間の引っ越し料金の相場はいくらくらい?夜間だと安いの?

ペット可物件に引っ越したいけど気をつけるべきことって何があるの?

自転車を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?費用はいくら?梱包はどうするの?

学割プランが使える引っ越し業者はどこ?どのくらい安くなる?