引越しする際の銀行口座の住所変更手続きはいつどこで何をしたらいいの?

引越しする際には様々な手続きを行う必要性がありますが、銀行口座の住所変更手続きも忘れてはいけません。

普段からATMを利用している人は関係ないかもしれませんが、住所変更手続きを済ませておかないといざという時に不便な思いをすることになるでしょう。

引越しの際には銀行口座の住所変更手続きを行う必要性があるとはいえ、どのようにすればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか。

様々な手続きを行う傍らで、銀行口座の住所変更手続きを忘れていることもあるかもしれません。

そこで、引越しの際に行う銀行口座の住所変更手続きはどのようにすればいいのかをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



もし銀行口座の住所変更手続きを済ませていなかったらどうなるの?

もしも何らかの理由によって銀行口座の住所変更手続きが出来なかったらどうなるのでしょうか。

銀行口座の住所変更手続きには明確な期限が決まっていないので、それも住所変更手続きを済ませていない原因の一つだと言えるでしょう。

もし住所変更手続きを済ませていなかった場合、

・引越し先にキャッシュカードが転送されない
・お取引時確認が出来ない

以上の2つのデメリットが起こります。

銀行口座の住所変更手続きを済ませていなくてもATMで出金や入金、引き落としや振り込みも出来るので特にしなくてもいいと考えていませんか?

銀行の窓口に行くと住所変更をするように言われますが、窓口を利用しなければいいと考える人もいるかもしれません。

しかし、そのような考えではいざという時に不便な思いをすることになり得ます。

では、どのような問題が起きるのでしょうか。

キャッシュカードやクレジットカードが使えなくなる!?

通常、キャッシュカードは使用期限が設定されており、更新の際に新しいキャッシュカードが銀行口座に記載されている住所宛てに送付されます。

つまり、銀行口座の住所変更手続きを済ませていないと、新しい引越し先ではなく旧居に新しいキャッシュカードが送付されてしまうのです。

郵便局に転居届を提出することで防げるかと思われるかもしれませんが、実際に郵送されるのは銀行からのダイレクトメールだけで、新しいキャッシュカードは郵送されません。

しかも、新しいキャッシュカードが同封されている封筒は、悪質な目的で使用されないように転送不要になっています。

転送不要になっている場合は転送サービスを利用していても新しい引越し先に届くことはないので、このままでは新しいキャッシュカードが使用出来ません。

特にキャッシュカードでATMを利用していた人は、住所変更手続きを済ませない限りATMが使用出来ないということになります。

また、キャッシュカードの中にはクレジットカードの機能が一緒になっている場合もあるでしょう。

その場合も、住所変更手続きを済ませていなければクレジットカード機能は使えないということになります。

もしキャッシュカードを無くして再発行してもらう場合、住所変更していない状態だと運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の提出が求められます。

住所変更していればこのように手続きに手間がかかるようなことはないので、住所変更手続きが非常に重要になるでしょう。

お取引時確認が必要になる場面は、住所変更していないと手続きが進められない!

郵便局に転居届を提出している場合は銀行からのダイレクトメールが届くようになりますが、住所変更ともなれば話は違います。

主にATMでの取引を行っている人は馴染みが少ないかもしれませんが、銀行では取引を行う際にお取引時確認を必要とする場合があります。

このお取引時確認には、

・氏名
・住所
・生年月日
・職業
・取引を行う目的

以上の情報を確認することになります。

この時に新しい引越し先に住所変更していないと、この後の取引が進められなくなってしまいます。

様々な取引を行っている人ほどお取引時確認が必要になる可能性が高いので、出来る限り早めに住所変更手続きを済ませておくのがベストです。

引越しする際の銀行口座の住所変更手続きを済ませるにはどうすればいいの?

銀行口座の住所変更手続きを行う場合は、普通預金だけの場合と普通預金以外を利用する場合とで方法が違います。

それぞれ必要になるものも違うので、事前に確認する必要性があるでしょう。

では、それぞれ何を用意するのかをご説明します。

銀行口座を変えると支店も変わるの?

よく銀行口座の変更に伴って支店も変更になると思っている人がいますが、新しく口座を開設しないのであれば支店が変わることもありません。

支店が変更になるのは新しい口座を開設した時だけなので、今までと同じ口座を利用する場合は住所変更手続きを行うだけでOKです。

もし支店を変更する場合だと口座番号も変わる為、手続きの際に通帳とカードを再発行することになります。

しかし、定期預金を解約する場合は最初に申し込んだ支店で行わなければならないので覚えておきましょう。

銀行口座の住所変更手続きを行う際に必要になるものは?

まず、銀行口座の住所変更手続きには明確な期限がありませんが、早めに手続きを済ませるのがおすすめです。

住所変更手続きを行う方法は、

・銀行の窓口
・インターネット
・電話
・郵送

銀行によって異なりますが、主に以上の方法で手続きを行うことが出来ます。

また、手数料は無料であり、代理人は銀行によって受け付けている場合とそうでない場合があるので事前の確認が必要です。

手続きに必要になるのは、

・預金通帳
・本人確認書類
・新住所の住民票
・届出印

以上の4つを用意しましょう。

新たに銀行口座を開設するわけではないのであれば、住所変更手続きを行うだけでいいので短時間で済ませられるのもポイントです。

他の手続きのように引越しから何日以内と期間が迫られているわけではないので、先に期限が決められている手続きを済ませてから銀行口座の住所変更手続きを行うのが得策ですね。

これは普通預金のみを利用している場合の住所変更手続きになります。

この場合、インターネットバンキングを利用していない場合や、信用金庫や信用組合でコールセンターやインターネットバンキングの取引を行っていない場合は店舗の窓口で手続きを行います。

逆にコールセンターやインターネットバンキングで手続きが出来る場合だと、わざわざ窓口に行かなくても住所変更手続きが出来ます。

コールセンターを利用する場合は音声ガイダンスに従うか、オペレーターの指示に従って手続きを進め、インターネットバンキングを利用するなら画面の指示に従って手続きを進めましょう。

なお、銀行によってはホームページで住所変更届が作成出来ることがあるので、それをプリントアウトして郵送することで住所変更手続きが済ませられます。

普通預金以外を利用している場合の住所変更手続きはどうするの?

普通預金以外に定期預金や積立預金、カードローンを初めとするローンや投資信託などを利用している人は、手続き方法が少々異なります。

まず、コールセンターやインターネットバンキングでの住所変更手続きは出来ないので、直接取引店の窓口に行って手続きを行うことになります。

住民票謄本や住民票抄本、住民票記載事項証明書などの書類が必要になる場合があるので、事前に何を用意すればいいのかを確認しましょう。

場合によっては現在の口座を解約する必要がある?

通常、引越し先に今まで利用している支店がある場合は新たに口座を開設する必要性はありません。

しかし、もしも引越し先に今まで利用していた支店がない場合は現在の口座を解約して新しく口座を開設する必要性があります。

何故なら、同じ支店がない以上、別の銀行を利用しなければならないからです。

同じ支店同士の取引では手数料がかかりませんが、別の銀行を利用する場合だと取引するたびに手数料がかかってしまいます。

回数を重ねるほど総手数料が増えていくので、経済的にも早めに別の口座を開設した方が早いでしょう。

なお、新しく口座を開設するなら今まで利用していた口座はただちに解約するのがおすすめです。

もったいないからといって前の口座を残していると、長期間利用されない口座は休眠口座となり、使いたい時にすぐに使えなくなります。

また、再び前の口座を利用する際に手数料がかかる可能性があるので、無駄な費用を支払わないようにする為にも早めに解約しましょう。

さいごに

今までATMを中心に利用している人にとって、銀行口座の住所変更手続きはあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、住所を変更していないといざという時に不便になりますし、それだけ手間も費用もかかるので放置しておくのはおすすめ出来ません。

住所変更手続きを行う期限は決まっていないとはいえ、取引をスムーズに進める為にも早めに銀行口座の住所変更手続きを済ませるのがベストですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越し時の電気の解約や開始手続きは?電話で何て伝えればいい?

引っ越しすると固定電話の番号はどうなるの?変えない方法はあるの?

引越し時のガスの解約や開栓手続きは?電話で何て伝えればいい?

引越し時の水道の解約や開始手続きは?電話で何て伝えればいい?

引越しする際の郵便物転送手続きってどうするの?転送期間はどのくらい?

引っ越しする際に新聞紙の解約手続きは何日前までに何をしたらいいの?