引っ越しする際に新聞紙の解約手続きは何日前までに何をしたらいいの?

引っ越しをする際に忘れてはならないのが、新聞紙の解約手続きです。

新聞を契約していない人は関係ないと思われるかもしれませんが、実際に新聞を契約している人は引っ越しの際にそのまま継続するか、解約するかを決めなければなりません。

新聞を解約する場合は引っ越しするというやむを得ない理由があるのでそこまでトラブルにはなりませんが、実際にトラブルが起こることもあるので注意が必要です。

どのように解約するのかを事前に知っておけば、そこまでトラブルにはならないのではないでしょうか。

そこで、引っ越しの際に新聞の解約を行う際にはどうすればいいのか、何日前までに手続きすればいいのか解説します。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



新聞を解約する時に違約金などは発生するの?

ほとんどの場合、引っ越しによって新聞の解約を行う場合は途中解約という状態になるでしょう。

しかし、そこで気になるのは新聞の契約を途中解約したことで違約金が発生するのかどうかです。

出来ることなら違約金が発生するようなことにはなりたくないですし、ただでさえ引っ越しでバタバタしているのにややこしい事態になるのは避けたいですよね。

場合によっては相手が強気の態度で対応してくることもあるので、どうにか出来ないのか気になるところです。

実際に違約金は発生するのでしょうか。

ほとんどの場合、違約金が発生することはない

違約金に関して心配している人は安心して解約に踏み切って構わないでしょう。

ほとんどの場合、契約を途中解約しても違約金の支払いを命じられるケースはありません。

何故なら、引っ越しそのものが突然発生したものだからです。

こちらから一方的に途中解約を迫るようであれば契約違反として違約金を支払う必要性が出てくるケースがほとんどですが、突然発生した引っ越しは誰も予測出来ないものです。

予測出来ないことに対して違約金の支払いを命じることこそ理不尽だと言わざるを得ないので、丁寧に理由を話せば問題なく解約が進められるでしょう。

しかし、もしも年間契約などの長期契約を行っていた場合は、販売店によって違約金の支払いを命じてくる可能性が少なからずあるので注意しましょう。

新聞の契約をする際に何か粗品などを持ってきた場合は、解約時に返品するの?

よく勧誘の人は契約する際に粗品を一緒に手渡すなどのケースがありますが、途中解約するとなるとそれらも返品しなければならないのか気になるところです。

しかし、途中解約であってもそれらを返品する必要はありません。

それどころか、実は勧誘する時に粗品を渡すという行為自体が契約上の違反行為に当たります。

つまり、販売店としても契約違反を行っていた場合は返品してほしいと強気に出れないことがほとんどなのです。

ですが、販売店によっては返品を強く主張するケースも少なからずある為、交渉することが大事です。

引っ越しの際に新聞の解約をするにはどうすればいいの?

新聞の契約をしている時に引っ越しをする場合は、そのまま継続するか解約するかを決めなければなりません。

もし契約するなら話は別ですが、解約する場合は継続する場合と違って新聞社のホームページから解約の手続きを行うことが出来ません。

では、どのようにすればいいのでしょうか。

引越しに伴う解約の手続きの方法とは?

引っ越しの際に新聞の解約をする場合は販売店へ電話をするか、配送スタッフに直接伝えるかの2つの方法があります。

解約の手続きに必要になるのは、

・契約者の氏名や住所、電話番号
・引越し先の住所や連絡先
・新聞の配送の停止日
・停止日までの費用の精算

以上が必要となります。

他の手続きのように特別な書類を用意する必要性はありませんし、解約手続きは代理人でも出来ます。

通常、代理人が代わりに手続きを行う場合は委任状が必要になることがほとんどですが、新聞の解約手続きに関しては基本的に必要ありません。

しかし、契約している販売店によっては委任状が必要になる場合があるので、いざという時の為に準備しておきましょう。

手数料は無料です。

新聞の解約手続きは引っ越しの何日前に行うべき?

新聞の解約手続きは早めに済ませておかなければなりません。

引っ越しした後も契約を継続するのか解約するのか事前に知らせる必要がありますし、それに伴って用意しなければならない書類等もあるので引っ越し前のギリギリになって手続きを行うのは混乱する原因になります。

したがって、引っ越しが決まった時や引っ越しする2週間前に解約の手続きを行うのが理想的です。

もちろん代理人が手続きをすることも出来るので、他の手続きなどで忙しい場合は代わりに代理人に手続きを行ってもらうのが得策です。

新聞の購読は引っ越してからも必ず継続しなければならない?

引っ越しした後も新聞の購読を継続するか決める場合、必ずしも継続しなければならないという決まりはありません。

何故なら、引っ越し先によっては継続して購読出来ない可能性があるからです。

新聞一つでも様々な種類があり、全国どこでも購読出来る新聞から地方にしかない新聞まで多くあります。

特に地方新聞は引っ越してしまうと購読出来ない可能性が高く、やむなく解約することになるでしょう。

新聞の購読を継続する場合も必要となるのは契約者の情報と引っ越し先の住所や連絡先に加え、支払い方法の確認と新住所に配送を開始する日の確認だけでOKです。

さいごに

新聞の購読にいたってはスマートフォンなどの普及から、利用している人が減少している傾向にあります。

そもそも新聞を必要としないばかりか、新聞の勧誘自体も少なくなっているのも拍車をかけているでしょう。

新聞の契約をする場合でも直接販売店に行かなければならないことも多く、ますます忙しい人にとって時間を割かなければならないようになっています。

反対に新聞の解約手続きに関してはあっさりと解約出来ることも多く、必要となる書類等も少ないので気軽に解約出来るでしょう。

途中解約する場合でも引っ越しというやむを得ない事情があるので、気兼ねなく解約することが出来るのではないでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越し時の水道の解約や開始手続きは?電話で何て伝えればいい?

引っ越しする際の固定電話の手続きはどうしたらいいの?

引越し時のガスの解約や開栓手続きは?電話で何て伝えればいい?

引越し時の電気の解約や開始手続きは?電話で何て伝えればいい?

引っ越しすると固定電話の番号はどうなるの?変えない方法はあるの?

引越しする際の銀行口座の住所変更手続きはいつどこで何をしたらいいの?