引っ越しを機に不要な自転車を処分したいんだけどどうしたらいいの?

 

もう古いから買い替えるつもりの自転車があると、引っ越しの際にどうやって処分すればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか?

引っ越し先まで持ち込むならまだしも、処分するのであれば引っ越しする前に行わなければならないので早めに済ませておかなければなりません。

しかし、引っ越しのタイミングで自転車を処分する方法は多くあるので、状況に合わせた方法で処分するのがベストですね。

この記事を読み込むことで、どうやって自転車を処分すればいいのかが分かります。

それでは、引っ越ししようと思った時にどうやって自転車を処分すればいいのか、様々な方法をご紹介しましょう。

じっくりと読み込んで、好きな方法で自転車を処分してくださいね。

自転車を引っ越し先に運ぶ方法についてはこちらの記事で解説していますので、もし迷われているようでしたら合わせてご覧ください。

引っ越しの際に自転車をどうやって引っ越し先に運べばいいのか迷ったことはありませんか? どんな方法で運べばいいのか分からず、費用がど...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



もう乗らない自転車はどうやって処分するべき?

自転車は車やバイクなどと違ってそこまで大きくないので、割と処分しやすいと言えます。

それだけに処分する方法も多くあるので、好きな方法で処分するのがおすすめですね。

それでは、処分方法の詳細を詳しく見ていきましょう。

自転車は粗大ゴミ扱いになる

自転車は粗大ごみとして出すことができるのをご存知でしょうか。

もちろん自治体によって粗大ゴミの扱い方が違うものの、余程のことがない限り自転車の処分を断られることはないので安心してくださいね。

自転車を粗大ゴミとして出す時は、インターネットや電話で粗大ごみ回収センターなどに申し込む必要性があります。

この時に忘れてはならないのが、粗大ゴミを捨てる時に必要な利用券を購入することです。

利用券はコンビニやスーパーで購入できるので、店員に利用券を購入したい旨を伝えれば購入できます。

自転車を捨てる時の手数料は基本的に1000円程度で済むので、その分の利用券を購入して自転車に貼りつけ、引き取ってもらう日までに指定された場所に出しておくだけでOKです。

ただし、回収の申し込みをしたらすぐ自転車を回収してくれるわけではないので注意が必要です。

自転車の回収には数週間程度の時間を必要とするので、ギリギリになってトラブルが起こらないようにする為にも早めに連絡するのが得策でしょう。

ゴミ処理場に直接持ち込む

自分が住む地域にあるゴミ処理場に、自転車を持ち込んで処分してもらう方法もおすすめです。

この方法は誰かに処分してもらう方法ではなく、長距離でもたった数百円で処分してくれるだけでなく、手数料や回収費用が発生しないメリットがあります。

ゴミ処理場であればどんな方法よりも安価で自転車が処分できますが、代わりにゴミ処理場まで自転車を持っていかなければならないので面倒に感じることもあるかもしれません。

ここは自転車だけを持ち込むのではなく、冷蔵庫や洗濯機などの粗大ゴミをまとめて持ち込むのが得策です。

この方法であれば、手間をかけずにまとめて不用品の処分ができるでしょう。

一部の不用品を処分する際には処分費用が違ってくるので、どのくらい費用がかかるのかホームページなどで調べるのがおすすめです。

自治体によっては予約しなければ持ち込めない場合もある為、必ず事前に調べてからにしてくださいね。

欲しい人に譲る

厳密には処分ではないものの、処分する予定の自転車を欲しがる人に譲る方法があります。

これなら手間をかけずに自転車が処分できる上に、欲しがっていた人も喜ぶので一石二鳥だと言えるでしょう。

しかし、防犯登録をしている人は先に防犯登録の抹消手続きを行わなければなりません。

自分であらかじめ抹消手続きをするか、どうしても抹消手続きが不可能な場合は相手に自転車と防犯登録カードを渡すのが得策です。

万が一防犯登録カードを無くした場合は、代わりに譲渡証明書を作成しなければなりません。

自分で防犯登録の抹消手続きを行う方法は、後述します。

新しい自転車を購入すると同時に自転車を回収してもらう

新しい自転車の購入により、店側が以前の自転車を回収してくれるサービスがあります。

どこの店舗も回収してくれるとは限りませんが、新品の購入によって以前の自転車を引き取ってくれるのは大変ありがたいサービスだと言えるでしょう。

回収サービスを利用する時は数百円ほどの費用が発生する可能性があるものの、店舗によっては無料で回収してくれるケースもあります。

ただ、店舗によって回収方法の違いがあるので、しっかりと内容を確認する必要性があるでしょう。

不用品回収業者を探して処分してもらう

自転車を処分する時に、不用品の回収を請け負っている業者を探すのもおすすめです。

この業者は時間がない人でも便利な方法で、時間に余裕がない人でも短時間で回収してくれるのが大きなメリットです。

利用する際には1000円から3000円ほどかかりますが、引っ越しまで時間がない人は利用を検討すると良いでしょう。

ただし、不用品回収業者には悪質な業者が存在するので要注意です。

自転車を回収する際に高額な費用を請求してきたり、回収したはずの自転車が不当な投棄が行われていたりと、悪質な業者の被害が後を絶ちません。

悪質な業者か見極める為にも、自治体から一般廃棄物収集運搬許可を得ているか確認すること、そして料金体系を明確にしていること、業者の評判などを確認しましょう。

きちんとホームページを持っていて、そこに電話番号や住所などを記載している業者であれば、なお信用することができます。

時間がないからといって適当な業者に依頼すると大変なことになるので、くれぐれもチェックを怠らないようにしましょう。

どこの不用品回収業者がいいの?

「どこの不用品回収業者がいいんだろう?」

なんて疑問はありますよね。

少しでも安く処分したいなら「不用品業者の一括見積もり(無料)」がおすすめです。

複数の不用品回収業者に見積もりを取るので費用の相場を知ることができ、安い業者を見つけることができます。

利用料は無料で1分程度の入力で自転車を安く処分してくれる業者が見つかります。

詳しくはこちらをどうぞ。

自転車を安く処分してくれる業者を調べてみる(無料)

買取専門店に売却する

ここは処分するよりも、売却した方が少なからずお金が手に入るので検討してみる価値は十分にあります。

特に人気メーカーの自転車を処分しようと考えている人は、なおさら買い取ってもらった方が良いでしょう。

処分費用もかかりませんし、査定費用が受け取れる上に出張買取を利用することで自宅まで買い取りに来てくれます。

必ず高額で売れるとは限りませんが、処分するよりもお得です。

ただし、防犯登録カードや身分証明書、未成年が売却する場合は保護者の同意書が必要です。

また、自転車がどんな状態になっているかも重要になります。

パンクしていないか、付属品は全てついているか、傷や汚れがないかなど、細かく査定するので査定費用に響かないようにできる限りのことをする必要性があるでしょう。

リサイクルショップに持ち込む

もしも買い取ってもらえるけど大した金額にはならず、状態が良い自転車ならリサイクルショップに持ち込んでみるのも良いでしょう。

買取専門店の場合だと売却を断られてしまうことがありますが、リサイクルショップは他店では引き取れない自転車も引き取ってくれるので処分に困りません。

処分費用もかからないので、手軽に引き取ってもらえるでしょう。

ネットオークションなどを利用する

処分費用をかけたくないけど、もっと高値で売りたいという人はネットオークションなどに自転車を出品してみましょう。

状態が良かったり、人気メーカーなどであれば想像以上の値段になることがあります。

落札金額がそのまま自分の利益になるので、それで新しい自転車を買う為の資金にもなるでしょう。

ただし、ネットオークションなどを利用する上で覚えておきたいのが、以下の通りです。

・必ずしも入札者が現れるとは限らないこと
・出品者が現れても高値で売れるとは限らないこと
・様々なトラブルが起こる可能性があること

特にネットオークションなどは個人間でやり取りするので、些細な理由でトラブルになることもあります。

また、ネットオークションなどに出品する際には、事前に防犯登録の抹消手続きを行うのが最低条件です。

防犯登録の抹消手続きについて

自転車を処分する上で忘れてはならないのが、防犯登録の抹消手続きです。

抹消手続きを済ませておかないと、様々なトラブルに繋がるので注意が必要です。

それでは、防犯登録の抹消手続きについてご説明しましょう。

自転車の防犯登録の抹消手続きはどこでやればいいの?

一般的に自転車の防犯登録の抹消手続きは自転車防犯登録取扱所で行います。

都道府県によっては交番や警察署で手続きできますが、不安なら自転車防犯登録取扱所に行きましょう。

抹消手続きに必要になるのは、以下の通りです。

・自転車
・身分証明書
・防犯登録カード

以上の3つを揃えて手続きを済ませれば、抹消手続きは終了です。

しかし、中には防犯登録カードをなくしてしまった人がいるかもしれません。

もし無くしてしまった場合は、自転車を購入した時にもらった領収書か、自転車本体の保証書を探してみましょう。

さいごに

自転車を処分する方法は、主に8種類ほどあります。

時間がかかるので余裕がない人におすすめできない方法もあれば、査定費用が受け取れる方法もあるなど、様々な方法がありますね。

ただし、大前提として防犯登録の抹消手続きを必ず済ませておきましょう。

抹消手続きを済ませていないと、次に自転車を購入した他の人が使った時に迷惑がかかってしまうので、忘れずに手続きを済ませることが大切です。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越し業者にお礼やお心付けは渡すべきなの?渡すなら相場はいくらくらい?

旦那と離婚して引っ越しする場合って費用を請求できるの?自己負担になる?

引っ越し業者に差し入れをしたいけど何がいい?どのタイミングでどのように渡したらい...

断捨離で引っ越し費用が安くなる!断捨離のコツとメリットとは?

引越しの転居はがきは必要?いつまでに出さないといけないの?

女性の一人暮らしの引っ越しの挨拶ってどうしたらいいの?