一人暮らしの引っ越しの荷造りはどうしたらいい?効率的な手順とコツを解説

一人暮らしの人が次に引っ越しを考えた時、是非とも効率良く荷造りしたいと思いますよね。

一人で荷造りを全てするとなるとどこから手を出せばいいのか分からない人もいるかもしれませんし、時間は無駄にしたくないものです。

しかし、効率良く荷造りすることができれば、1日と経たずに荷造りを終わらせることができるでしょう。

スムーズに荷造りができれば、その分の時間を他に回せるので非常に効率が良くなります。

そこで、一人暮らしの人が引っ越しするにあたっての効率が良い荷造りの手順やコツをご説明しましょう。

何日前からどの様なことをしたらいいかについてはこちらの記事で解説しています。

引越しするにあたり、荷造りをいつから始めればいいのかどうかは非常に重要です。 急な引越しをしなければならない状況を除き、引越しするまで日数...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



荷造りが失敗しやすいのは何故?

荷造りが上手な人とそうでない人には様々な違いがあります。

まず、荷造りがスムーズにできない人の特徴は、荷物の詰め込み方に問題があると言えます。

一人暮らしの人は家族で暮らしている人よりも荷物が少ないのでダンボールに入れるものも少なく済みますが、荷物が少なくても荷造りのやり方が下手だとスムーズにいかなくなるでしょう。

では、荷造りを行うポイントについてご説明しましょう。

荷造りのコツ・ダンボールの箱詰め

荷造りのポイントは何を先に入れるかどうかです。

荷造りにおいて何を先に入れるかは引っ越しするまでの生活や、引っ越し先での荷解きなどで非常に重要になります。

何故なら、ダンボールに何を入れておいたか把握しやすくなり、引っ越し先で混乱せずに済むからです。

引っ越しした経験がある人なら思い当たることがあるかもしれませんが、荷解きをする時に今欲しいものがすぐに見つからないというのが、荷解きの際に困ったケースの一つとして挙げられます。

欲しいものがすぐに見つからないのは、後で必ず必要になるであろう者を後先考えずにダンボールに入れてしまったからでしょう。

また、これは引っ越しする前でも起こることなので、考えて荷造りしないともう一度最初から荷造りすることになりかねません。

荷造りを始める前にやっておきたいのは、引っ越す前まで何を使用するか、引っ越し先で真っ先に何が必要になるかどうかです。

引っ越しするまで日にちがある場合、まだ使用するものをダンボールに入れてしまうのはNGです。

先に必要なものを入れてしまうと必要になった時に再び箱を開けなければならなくなりますし、荷造りにおいて最も非効率になってしまいます。

荷解きにおいても必要なものがすぐに取り出せるようにしておかないと、部屋中が散らかってしまうでしょう。

それを防ぐ為にも、引っ越しするまで使わないものを先に入れるようにするのがポイントです。

使わないものからどんどん入れていけば、後で混乱せずに済みます。

最後に引っ越し先ですぐに使うものを分かりやすいように荷造りすることにより、引っ越し先でも混乱することなく荷解きができるでしょう。

荷造りのコツ・同じものを集中して入れられるかどうか

次に、同じ作業に飽きずに続けられるかどうかも大切です。

荷造りに失敗してしまう人は、ダンボールの中に何でも入れようとする傾向にあります。

それではダンボールの中がすぐにいっぱいになってしまい、ダンボールの数が足りなくなったり引っ越し先での荷解きが大変になって非効率になってしまいます。

荷造りのポイントは、本なら本、服なら服といったように同じ種類のものは同じ箱に全て入れるようにすることです。

同じ作業を続けることになりますが、この方法であれば効率的かつ無駄なくダンボールに入れられるので効率良く荷造りができます。

引っ越し先で荷解きする場合もどの箱に何が入っているのか分かりやすいので、効率良く荷解きができるでしょう。

荷造りの順番はどうすればいい?

荷造りを行うなら、やみくもにダンボールに入れればいいというものではありません。

荷造りには手順があるので、手順通りに荷造りをしていけば効率良く引っ越しすることができるでしょう。

では、荷造りの手順についてご説明します。

部屋をブロックごとに分けて荷造りする

荷造りする前にしておきたいのが、部屋をブロックごとに分けることです。

同じダンボールでも違う部屋のものが入っていたら、荷解きの際に探しているものが見つからないなど何らかの問題が発生する可能性があります。

そこで、部屋をブロックごとに分け、ブロック専用のダンボールを用意すれば混乱することなく効率良く荷造りすることができます。

リビングならリビングにあるものだけをまとめたダンボールを作り、キッチンならキッチンにあるものだけをまとめるなど、ブロックごとに荷物をまとめるようにすれば荷解きする時に混乱せずに済むでしょう。

とはいえ、ブロックごとに荷物を分けていると荷物が少ないブロックはダンボールに空きが出てしまうこともあります。

このままだとダンボールの数が増えて引っ越し料金が高くなる可能性があるので、そのブロックと近い場所にあり、尚且つ使用用途がほとんど同じブロックの荷物とまとめるのが得策です。

そうすればダンボールの数を減らしつつ有効活用できるので一石二鳥になります。

ブロックに分けたものから、さらに分けていく

中にはダンボール1箱でまとめられるものもあるかもしれませんが、ブロックによってはダンボールに何から詰めればいいのか分からないことがあります。

そこでおすすめなのが、ブロックの中でさらにグループ分けをしていく方法です。

例えばキッチンなら食器のみを入れるダンボール、調理器具のみを入れるダンボールというようにグループ分けすることでどの箱に何を入れたのか分かりやすくなります。

「食器の荷造りをしたいけど、運んでる最中に割れないか心配……」 「食器を効率良く包むやり方が分からない……」 引っ越しの際に以上のよ...

グループ分けしたものの中から、引っ越すまで使わないものを先に入れる

ブロック分けしてからグループ分けしたら、次にその中から引っ越し先に引っ越すまで使わないものから入れていきましょう。

荷造りが下手な人はここで後先考えずに何でもかんでも詰め込んでしまう傾向にあるので、引っ越すまで何を使うのか、何を使わないのかを考えながらダンボールに入れていきます。

ダンボールに入れたら箱に何が入っているのか書いておくとさらに分かりやすくなりますし、それだけ作業に集中しやすくなるでしょう。

新居に引っ越した後は荷解きでバタバタしやすいので、ここでグループ分けしたメリットが活きてきます。

使わないものを入れたら、引っ越すまで使うものを入れていく

使わないものをダンボールに入れていったら、次に引っ越すまでに使うものをダンボールに入れていきます。

この時、ダンボールに蓋をしてしまうと使いたい時に再び開封しなければならないので、ガムテープなどで蓋をしないようにするのがポイントです。

蓋を開けっぱなしにしておけば、何か必要になったとしてもすぐに取り出せるので困らないでしょう。

引っ越し当日になったら全てのダンボールの蓋をガムテープなどで封をする

引っ越しの当日になったら、いよいよ使うものを入れたダンボールに封をしていきます。

後は引っ越し先に到着するまで開けないので、移動中や引っ越し先ですぐに使いたいものは手元に持っておきましょう。

ここまでが一人暮らしにおける荷造りの基本的な手順です。

一人暮らしであれば基本的に荷物が少ないので、そこまで多くの時間が必要になるわけではないでしょう。

これは一人暮らしに限らず家族で暮らしている場合でも役立つ方法なので、是非とも実践してみてくださいね。

さいごに

一人暮らしの人は荷物が少ないとはいえ、誰かに手伝ってもらわない限り一人で荷造りをすることになるでしょう。

荷造りで失敗するケースは意外と多いので、手順やコツを掴んで取り組む必要性があります。

余計にダンボールを増やして引っ越し料金を高くしない為にも、工夫して荷造りすることが大切ですね。

観点記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しの準備にあたって荷造りをしなければなりませんが、時間がなくて荷造りができないこともあるのではないでしょうか。 時間がない時に荷造り...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越し業者が荷造りをしてくれるサービスはある?値段の相場はどのくらい?

引っ越し業者に荷造りをお願いしたらどこからどこまでしてくれるの?

引っ越し時の本の梱包はどうするの?詰め方のコツって何かある?

引っ越し時の衣装ケースの梱包のコツは?中身は入れたままでもいいの?

使いかけの調味料は引っ越しの際、どのように梱包したらいいの?

引っ越しの際の食器の荷造りのコツは?梱包や包み方などを解説