引越しの荷造りっていつからするの?何日前から何をしたらいいの?

引越しするにあたり、荷造りをいつから始めればいいのかどうかは非常に重要です。

急な引越しをしなければならない状況を除き、引越しするまで日数がある場合は済ませなければならない手続きもあるのでいつから荷造りすればいいのか分かりにくい人もいるでしょう。

ですが、いざ荷造りをしてみるとてこずる可能性が高いので、ある程度余裕を持ったスケジュールを組む必要性があります。

荷物が少ないからギリギリでも良いよね、と油断していると日数が足りなくなって困ることになるかもしれません。

暮らす人数によっては、余裕を持って荷造りを始めないと間に合わない可能性があります。

そこで、引越しの荷造りは何日前から何を始めればいいのかをご説明しましょう。

荷造りのコツについてはこちらの記事で解説しています。

一人暮らしの人が次に引っ越しを考えた時、是非とも効率良く荷造りしたいと思いますよね。 一人で荷造りを全てするとなるとどこから手を出せばいい...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



荷造りを始めるのにちょうど良い日数とは?

荷造りを終えるまで日数に余裕がない人から1ヶ月や2ヶ月と余裕がある人まで、多くのケースがあります。

荷造りを始めるのに早すぎるということはないので、余裕がある人はこれを機にじっくりと部屋の整理や荷造りを始めるのが得策です。

また、荷造りする場合は引越しする直前までダンボールの封をしないようにしましょう。

梱包していた時は使わないものでも、直前になってから必要になることもあるので、引っ越しする当日に封をするのが得策です。

では、荷造りをいつから始めるのか、何をすればいいのかについてご説明しましょう。

2ヶ月から3ヶ月前に荷造りを始める場合

通常、2ヶ月前や3ヶ月前に荷造りを始めるのは少々早いと言えます。

2ヶ月前や3ヶ月前に荷造りを始めるというよりも、この時期は断捨離を始める時期だと言えるでしょう。

引越しは新居で新しい生活を始める第一歩となるので、新生活に向けて自分の身の周りを整理する期間が必要です。

時間がない場合はその限りではありませんが、もしも2ヶ月前や3ヶ月前に時間があるのであれば処分するものと新居に持っていくものを分けるのがおすすめです。

いざ家の中を探ってみると、数ヶ月以上、あるいは1年以上着なかった衣類が出てくることもあれば、これまで数回しか使ってこなかった小物類など様々なものが出てくるのではないでしょうか。

懐かしさのあまり捨てずに取っておきたい気持ちがあるかもしれませんが、断捨離しなければならないのに捨てないものばかりでは後々の荷造りが大変になってしまいます。

捨てずに取っておいてもこの先使わないなら取っておく意味がないので、思い切って捨ててしまいましょう。

先に処分するものを決めておいた方が早めに荷造りを始めることができますし、ダンボールに入れる量も少なくなります。

こうして処分しながら新居に持っていくものを分けていけば、本格的な荷造りがやりやすくなりますね。

また、少しずつ荷造りを始める場合でも、先に使わないものからダンボールに入れていくことに変わりはありません。

先に使うものをしまってしまうと、後から取り出す羽目になって二度手間になるでしょう。

後々面倒なことにならない為にも、季節や引越すまでの生活で絶対に使わないものからしまっていくのが得策です。

使わないものを入れたダンボールは、片付けた場所にしまっておくと無駄なくスペースを活用できます。

1ヶ月前に荷造りを始める場合

基本的に1ヶ月前から本格的な荷造りを開始するのが理想的です。

荷造りしている間にも処分しなければならないものが出てくる可能性がありますし、引越すまで使うもの以外は全て荷造りしてしまいましょう。

何を梱包すればいいのかは引越し業者や選んだオプションなどによって変わるので、何から荷造りすればいいのか分からないという人は、契約している引越し業者に問い合わせるのがおすすめです。

引越し業者に何を荷造りすればいいのか聞いてみると、基本的に業者側で運搬するもの以外の荷物を梱包してほしいと言われるので、その通りにするのが一般的です。

先に使わないものからしまうのはもちろん、キッチンにあるものならキッチンとひとまとめにしてしまっていくと混乱せずに済みます。

洋服や靴、思い出の写真やアルバム、食器棚の中、クローゼットの中など、普段使わないものはどんどん梱包しましょう。

ベッドや机など、大型のものは業者によって扱いが違うので、何をどうすればいいのか事前に業者に相談しましょう。

2週間から3週間前に荷造りを始める場合

引越しする日が2週間前や3週間前に決まった時、荷造りを始めるなら引越しするまでギリギリになる可能性が高いです。

この場合、先に処分するものを分けていては時間が足りなくなるので、とにかく使わないものから順番にダンボールに入れます。

特に部屋の中でもキッチンや台所といった場所は時間がかかりやすいので、優先的に荷造りするようにしましょう。

ただし、食器類や衣類、布団、タオルといった引越し直前まで使うものは直前まで梱包しないでくださいね。

使うものを先にしまうと再びダンボールの中を探す羽目になるので、使うものは最後にしまうようにしましょう。

1週間前に荷造りを始める場合

引越しする日まで残り1週間となった場合、多くの人は荷造りが終わるまで圧倒的に時間が足りないと思うかもしれません。

しかし、逆に考えれば1週間分しかないのでその分の衣類や食料、食器類を確保すれば後は荷造りするだけで済みます。

もっと言えば食器類は全て荷造りしてしまい、割り箸や紙皿など使い捨てができるものに変えれば手軽に荷造りできるでしょう。

集中して荷造りすれば、1週間しかなくても十分終わらせられます。

日数がないことを自覚しつつ、もしかしたら使うかもと余計なことを考えずにテキパキと荷造りを進めてしまうのが得策です。

「食器の荷造りをしたいけど、運んでる最中に割れないか心配……」 「食器を効率良く包むやり方が分からない……」 引っ越しの際に以上のよ...

引越しする2.3日前

引越しする数日前まで荷造りが終わっていない人はほぼいないかもしれませんが、数日前には荷造りがほぼ終わっている状態になっているのが理想的です。

既に各部屋の荷造りが完了しており、後は使うものを梱包するだけ、冷蔵庫の中身がない状態など、少し作業するだけで万全という状態にしていなければなりません。

その上、今まで住んでいた部屋への感謝や礼儀として掃除をする必要性もあります。

荷物があっては掃除が上手くできないので、ここで完璧な状態にしておきましょう。

引越しする当日

引越しする当日になったら、全てのダンボールに封をしましょう。

後は全ての部屋の最終確認を行い、しまい忘れたものがないかを細かくチェックします。

後は業者に任せて、引越し先に移動して作業を始めましょう。

以上が引越しする日数と、何からすればいいのかについてです。

引越しするまで日数が短い場合でも、きちんとポイントを押さえていれば難なく引越し当日までに間に合わせることができます。

ただ、余裕を持って引越しする為には、最低でも3週間前から荷造りを始めるのがベストでしょう。

さいごに

荷造りをいつから始めればいいのかについては、人によって大きく変わるところです。

一人暮らしの人なら荷物が少ないので数週間前でも構いませんが、家族となると1ヶ月前から荷造りを始めないと間に合わない可能性もあります。

新居での生活の為にも、余裕を持って荷造りを始めた方がスムーズに引越しの準備が進められるのではないでしょうか。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しの準備にあたって荷造りをしなければなりませんが、時間がなくて荷造りができないこともあるのではないでしょうか。 時間がない時に荷造り...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越し時の衣装ケースの梱包のコツは?中身は入れたままでもいいの?

引っ越し時の本の梱包はどうするの?詰め方のコツって何かある?

引っ越し業者が荷造りをしてくれるサービスはある?値段の相場はどのくらい?

引っ越しの際の食器の荷造りのコツは?梱包や包み方などを解説

引越しで荷物を減らすコツある?荷物の量はどのくらい費用に影響するの?

一人暮らしの引っ越しの荷造りはどうしたらいい?効率的な手順とコツを解説