引越しで荷物を減らすコツある?荷物の量はどのくらい費用に影響するの?

 

引越しの見積もり金額を見ると、もっと安く抑えられないかと思うことってありますよね。

引越し費用は引越し先までの移動距離やスタッフの人数などによって左右されますが、一番影響するのは荷物の量でしょう。

荷物の量が多いほどスタッフを増やさなければなりませんし、荷物を積み込むトラックも大きくなりやすいです。

荷物の量を減らすことで、高いと思っていた引越し費用が安くなるかもしれません。

この記事を読み込むことで、引越しで荷物を減らすコツなどが分かります。

それでは、引越しで荷物を減らすコツや、荷物の量が費用にどれくらい影響するのかご説明しましょう。

荷物の量による費用の変化が気になる人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



荷物の量は引越し費用にどのくらい影響するの?

引越し費用を算出するには、引越しする時期や引越し先までの移動距離、そして荷物の量などによって左右されます。

この荷物の量は他の項目よりも引越し費用に非常に大きく影響するため、荷物の量を減らすことで引越し費用が安くなるでしょう。

ただ、荷物の量がどれくらい引越し費用に影響するのか気になる人もいるのではないでしょうか?

それでは、荷物の量が引越し費用に与える影響をご説明しましょう。

荷物の量で変化する引越し費用について

まず、一人暮らしの人の荷物の量によって変わる引越し費用の相場は、以下の通りです。

同じ都道府県内への引越しの場合、

・少ない荷物:2万円から2万2000円
・荷物が多い:2万5000円から3万円

違う都道府県内への引越しの場合、

・少ない荷物:3万5000円から5万5000円
・荷物が多い:4万2000円から7万4000円

以上の相場はあくまで通常期の引越し費用の相場であり、荷物の量が違うだけでこんなにも費用が変わる状況をご説明したものです。

これが繁忙期になると費用が1.5倍から2倍になるため、場合によっては一人暮らしであっても荷物の量によっては費用が10万円以上を超えることもあるでしょう。

二人暮らしや三人家族、四人家族にもなると費用が大きく変動しますし、荷物が多いと繁忙期の引越しは10万以上を超えることがほとんどです。

このように、荷物が少ないのと多いのでは引越し費用に与える影響は非常に大きいと言えます。

引越し費用を安く抑えたいのであれば、引越しを機に荷物を減らした方が良いでしょう。

引越しする時に荷物を減らすコツとは?

引越しする際に荷物の量に応じて与える影響が大きい以上、荷物を減らした方が引越し費用が安くなると言えます。

しかし、どうやって荷物を減らせばいいのか分からない人もいるかもしれません。

それでは、引越しを機に荷物を減らすコツについてご説明しましょう。

荷物をまとめる前に、必要ないものは捨てる

一つめのコツとして、訪問見積もりを行う前にまとめる荷物を全てチェックし、必要ないものを全て処分する方法が挙げられます。

引越しの際には自宅にある荷物を全て引越し先に持っていくことになりますが、そのままでは荷物が多くなって引越し費用が高くなる可能性があります。

そこで訪問見積もりを行う前に、全ての荷物をチェックして不用品を捨てるのがおすすめです。

長く使っているものは引越し先で買い替えたり、もう使わないものは全て捨ててしまうなど、とにかく処分してしまいましょう。

もし全ての荷物をチェックしている時間がないというのであれば、少なくとも現在持っている家具や家電を処分するか買い替えるのか、そのまま引越し先に持っていくのか決めるのが得策です。

家具や家電は長年使っていると故障しやすくなったり使いにくくなったりするので、引越しが一番買い替えのチャンスだと言っても過言ではありません。

新しく家具や家電を購入するのは逆にお金がかかるかと思われるかもしれませんが、最新の家電は省エネ機能がついているものが多く、家具も新しくすることで長持ちします。

つまり、長い目で見た方が結果的に費用を安く抑えることができます。

時間に余裕があるなら細かいものもどんどん捨てていきましょう。

訪問見積もりを行う前に荷物を減らしておくのは、訪問見積もりの際に荷物が少なければその分見積もり金額が安くなるからです。

訪問見積もりの時に正確な荷物の量を把握して見積もり金額を算出するため、訪問見積もりを行う前に荷物を減らしておけば引越し費用が安くなります。

最初は何から手を付けていいのか分からなくなるかもしれませんが、とにかく片っ端からいらないものは全て処分する気持ちで動きましょう。

自治体に回収してもらう

荷物を減らす上で出た細かいゴミや粗大ゴミなどは、全て自治体に回収してもらいましょう。

ゴミの回収車が来る日を確認して資源ゴミや不燃ゴミなどを外に出すのはもちろん、粗大ゴミに粗大ゴミ処理券を貼り付けて回収してもらうのがおすすめです。

資源ゴミや不燃ゴミはともかく、粗大ゴミに関しては各自治体の粗大ゴミ回収のページを確認し、自分が処分したい粗大ゴミを処分するにはいくら分の粗大ゴミ処理券が必要なのか確認しましょう。

指定されている料金分の粗大ゴミ処理券を貼りつけたら、指定された日までに粗大ゴミを外に出すことで回収してくれます。

また、自分が住んでいる地域によっては本来自治体が回収するものを不燃ゴミなどに出せる可能性もあります。

ゴミの分別表を確認して、何が捨てられるのか確認しましょう。

リサイクルショップに売る

いくら荷物の量を減らした方が良いとはいえ、まだ使えるものを捨てるのはもったいないという人もいるでしょう。

そんな時は、リサイクルショップに売却するのがおすすめです。

状態が良いものであり、使用年数が少なく、傷や汚れなどがないものほど高値で買い取ってくれます。

リサイクルショップの中には出張買取を行っている店舗があるので、そちらを利用すれば自分から荷物を持ち込む必要性がなくなるので便利です。

ただし、古い型や状態が良くないもの、使用年数が長く、傷や汚れなどが目立つものほど値段がつかない可能性が高いので注意しましょう。

また、高値がつくといってもあまり期待しない方が良いかもしれません。

値段がつくとはいえ、一度人の手に渡ったものは基本的に値段が一気に下がってしまいます。

値段がついたらラッキー程度に考えて、不用品を処分するつもりでリサイクルショップを利用するのがおすすめですね。

友人や知人などに譲る

特別な手続きが必要なく、楽に荷物が減らせるのがこの方法です。

友人や知人に連絡して、減らしたい荷物が欲しいかどうかを聞いてみましょう。

写真などを送って相手が気に入ってくれれば、その荷物を相手に郵送することで効率良く荷物を減らすことができます。

相手も喜んでくれますし。こちらは荷物が減らせて引越し費用が安くなるので一石二鳥だと言えるでしょう。

不用品回収業者に処分してもらう

家具や家電など大きな物を処分したり、粗大ゴミの処分もする場合には不用品回収業者にお願いするといいでしょう。

費用はかかってしまいますが、大量の不用品を処分するなら割安になります。

しかし、不用品の処分は費用がって無いようなものです。

業者により処分費用が様々なのでできるだけ複数の業者に見積もりを取ることが安く処分するコツになります。

「でも複数の業者に見積もりを取るのってめんどくさい…」

「どの不用品回収業者に見積もりを取ったらいいのかわからない…」

何て疑問もあると思います。

そういう場合に便利なのが「不用品業者に一括見積もりサイト」になります。

一回の入力で最大で5社まで見積もりを取ることができます。

5社の見積もりを取ることで費用が安い業者を見つけることができるでしょう。

利用の所要時間は数分程度になります。

利用料は無料。

不用品回収費用を調べる意味でも一度利用するといいでしょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

不用品を安く回収してくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

引越しにおける荷物の量は、引越し費用に与える影響が大きいと言えるでしょう。

荷物が少ないか多いかによって引越し費用が大きく違う以上、できる限り荷物を減らして引越し費用を安く抑えるのがおすすめです。

荷物の量は頑張れば減らせるので、引越しを機に荷物を徹底して減らしていきましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しによって荷物の量が費用に大きく影響するのであれば、荷物を減らせば引っ越し費用が安くなると言えます。 そこでおすすめできるの...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

一人暮らしの引っ越しの荷造りはどうしたらいい?効率的な手順とコツを解説

引っ越し時の本の梱包はどうするの?詰め方のコツって何かある?

引っ越し業者が荷造りをしてくれるサービスはある?値段の相場はどのくらい?

引っ越し業者に荷造りをお願いしたらどこからどこまでしてくれるの?

引っ越し時に本棚の中身はどうするの?運び方のコツって何かある?

引っ越し時の衣装ケースの梱包のコツは?中身は入れたままでもいいの?