引越しで不要になった洗濯機や冷蔵庫を売ることは可能なの?

引越しの際に不要になった家電が出てくる可能性があるとなると、ここで買い替えを考えることもありますよね。

引越しを機に買い替えることで、新生活も有意義なものになるでしょう。

しかし、ここで問題になるのは不要になった冷蔵庫や洗濯機を売ることが出来るのかどうかについてです。

もし売ることが出来れば処分も兼ねてお金を手に入れることも出来ますし、一石二鳥だと言えるでしょう。

ですが、もし売ることが出来ないとなれば自分で処分するしかないので、大変ですよね。

冷蔵庫や洗濯機が売れる方法があれば、是非とも知りたいのではないでしょうか。

そこで、引越しの際に不要になった冷蔵庫や洗濯機を売る方法をご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそも洗濯機と冷蔵庫って売れるの?粗大ごみとして出すのはダメなの?

引越しの際に不要になった冷蔵庫と洗濯機の処分の仕方に困っている人もいるのではないでしょうか。

確かに不要になったこれらを売ることが出来るのか疑問に思うところではありますが、結論から言えば売ることは十分に可能です。

業者側は買い取った冷蔵庫や洗濯機を綺麗にして再び中古として販売したり、部品を他の用途に使用したりと様々な利用価値があるのです。

しかし、買い取ってもらう業者や冷蔵庫、洗濯機の状態や購入してから何年経っているかで買い取ってもらえな可能性があります。

業者としても冷蔵庫や洗濯機を買い取る場合、きちんと再利用出来るかどうか、中古として再び販売出来るかどうかを重要視しているので、状態が悪かったり経年劣化がひどいと買い取れません。

事前に見積もりをしてもらい、売れるかどうか聞く必要性があるでしょう。

また、売らずに粗大ごみとして出せるのではないかと思うかもしれませんが、冷蔵庫や洗濯機は家電リサイクル法の対象商品となっているので、粗大ごみとして捨てることは出来ません。

もし無断で粗大ごみとして捨ててしまうと、家電リサイクル法に違反したことになるので懲役や罰金、またはその両方が課される可能性があります。

くれぐれも勝手に粗大ごみとして捨てないようにしてくださいね。

冷蔵庫を売る方法

せっかくまだ使えそうな冷蔵庫をそのまま処分してしまうのはもったいないので、売る方法を考えましょう。

売る業者を吟味すれば、予想以上の値段で買い取ってくれるかもしれません。

では、冷蔵庫を売る方法についてご説明しましょう。

リサイクルショップやネットオークションで売る

冷蔵庫が売れるところといえば、代表的なのがリサイクルショップとネットオークションです。

これらは中古の冷蔵庫でも需要があるので、状態が良ければ買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

リサイクルショップの場合、事前にどんな冷蔵庫を買い取ってほしいのか直接説明しに行かなければなりません。

説明する為には冷蔵庫を様々な角度から撮った写真であったり、取扱説明書などを持参する必要性があります。

買い取れる判断材料が少ないほど買い取ってもらえる可能性が低くなりがちなので、事前に必要なもの用意しておきましょう。

出来れば直接冷蔵庫をショップに持ち込むのが早いかもしれません。

また、中には家電を専門に買い取ってくれるリサイクルショップというのも存在します。

状態が良い冷蔵庫なら100%買い取ってくれるのが最大のメリットであり、無料出張査定を行ってくれたり、買い取れなくても有料で処分してくれるなどメリットが満載です。

ネットオークションの場合、自分が設定した価格で誰かが買い取ってくれるのが大きなメリットです。

オークションという特性上、必ず買い取ってくれるわけではありませんが、自分が売りたいと思った金額で売ることが出来るのが最大のメリットです。

しかも冷蔵庫を少しでも安く購入したいという人も多く、それでいて需要が高いので買い手がつきやすいのもメリットでしょう。

ただし、落札された冷蔵庫を相手の住所宛てに発送しなければならないというデメリットがあります。

相手の住所によっては送料が高くなってしまい、落札額から送料を引いた金額が手元に残ることになりますね。

先ほども言った通り、必ずしも買い手が現れるわけではないのでこれ以上待っても買い手が現れないと思ったら早めに見切りをつけることも必要です。

買い取れない冷蔵庫とは?

ショップなどで買い取ってもらおうと思っても、状態によっては買い取ってもらえないことがあります。

それが、以下の条件です。

・製造年月日が10年以上過ぎている
・冷蔵庫としての機能が失われている
・傷や汚れがひどい

特に冷蔵庫を10年以上使い続けている人は、基本的に買い取ってもらえないと言って良いでしょう。

見た目は綺麗でもその後も使い続けられるかどうか分かりませんし、部品も古くてリサイクルもほぼ出来ないという状態です。

また、当然ながら冷蔵庫としての機能、つまり物を冷やせない、氷が作れないといった機能が失われている冷蔵庫は10年未満でも買い取ってもらえません。

さらに冷蔵庫にひどい傷や汚れ、臭いなどがあった場合はほぼ買い取ってくれないでしょう。

たとえ10年以上経っておらず、新品同様だったとしても目立つ傷があったり内部がひどく臭っていたりするとショップも扱ってくれません。

もしショップに売ろうと考えているなら、製造年月日から10年以上経っていないか、きちんと機能しているか、傷や汚れ、臭いなどがないか確認してからにしましょう。

これらが当てはまる場合は、諦めて処分する方法を考えるのがおすすめです。

引っ越しで不要な家電が出てきた場合、それを処分する必要性があります。 売却してもいいですが、買取出来ない家電の場合は処分するしか方法はない...

洗濯機を売る方法

次に洗濯機を売る方法ですが、冷蔵庫を売るのとそこまで大きな違いはありません。

洗濯機は冷蔵庫とほぼ同じ重さかそれ以下ですが、冷蔵庫よりも丁寧に扱わないと買い取れるものも買い取ってもらえなくなるので注意しましょう。

では、洗濯機を売る方法についてご説明しましょう。

リサイクルショップやネットオークションで売る

冷蔵庫と同様にリサイクルショップやネットオークションでも売ることが出来ます。

リサイクルショップに関しては冷蔵庫を売る時と変わりませんが、ネットオークションの場合だと洗濯機を必要としない人もいるので多少需要が下がる可能性があります。

冷蔵庫も必ず買い手がつくわけではないものの、洗濯機の場合だと冷蔵庫ほど需要がないので買い手があまり現れないかもしれません。

もちろん送料もかかりますし、引越しで急いでいるのに買い手が現れないこともあるので早めに見切りをつけることが大切です。

買い取れない冷蔵庫とは?

こちらも冷蔵庫と同様に、製造年月日が10年以上過ぎている、必要な機能が使えない、ひどい傷や汚れ、臭いなどがある場合に買い取ってくれません。

特に洗濯機を売る際にはホースなどを取り外して運ばなければなりませんが、運ぶ際に持ち運び方を間違えてしまうとあっという間に故障や破損してしまいます。

もし故障や破損個所が見られた場合は買い取り額が低くなったり、買い取ってもらえなくなるかもしれません。

ショップによっては買い取れなくて有料、または無料で引き取ってくれることもあるので確認しておきましょう。

売る時の注意点とは?

冷蔵庫や洗濯機を売る際には様々な注意点があります。

それは、以下の通りです。

・見た目を綺麗にする
・付属品を綺麗にして出来る限り揃える
・取扱説明書や保証書などを揃える

これらは高く買い取ってもらう為の条件でもあるので、買い取ってもらう前にこれらを揃えておきましょう。

見た目が汚いと査定してもらう時に相手の印象が悪くなりますし、付属品が不足しているとショップ側もリサイクル出来るものが少なくなります。

取扱説明書なども含め、出来る限り購入した時と同じ状態に近づけることが高価買取のポイントです。

劇的に値段が上がるわけではありませんが、揃えておくだけで違いが出るでしょう。

特に洗濯機には給水ホースや排水ホースなど付属品が多い為、無くさないようにしてくださいね。

さいごに

洗濯機も冷蔵庫も需要が高い家電であり、比較的新しいものであれば買い取ってもらえる可能性が非常に高いです。

もちろん勝手に粗大ごみに出してしまったら法律違反となってしまうので、絶対に粗大ごみとして捨てないようにしましょう。

処分するより売った方がお金も手に入りますし、売った冷蔵庫や洗濯機は再利用されるので一石二鳥です。

引越しの日が近づくにつれて忙しくなるので、早めに売る算段をつけるのがおすすめです。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しする時に冷蔵庫を処分したいけど、どんな方法で処分すればいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。 冷蔵庫を処分する方法は多く...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

冷蔵庫のみの引っ越し費用の相場は?冷蔵庫だけでも運んでくれるの?

引っ越しで洗濯機を処分するならどうしたらいい?費用はいくらかかるの?

引っ越しで業者は冷蔵庫を2階まで運んで設置はしてくれるの?

引っ越しで洗濯機だけ運んでもらう場合の費用は?洗濯機のみを安く運んでもらうには?

引っ越し先に洗濯機が入らないんだけど何か方法はある?

引越し前の洗濯機の水抜きのやり方は?いつやるの?時間はどのくらいかかる?