引越し時に冷蔵庫を処分したいけど業者は処分してくれるの?費用は?

 

引越しする時に冷蔵庫を処分したいけど、どんな方法で処分すればいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。

冷蔵庫を処分する方法は多くあるとはいえ、一般的な家具とは違う扱いになるので注意が必要です。

ただ、その方法の中には引越し業者に処分してもらう方法もあるので、検討する価値は十分にあります。

他の処分業者にはないメリットがあるため、冷蔵庫を処分してくれる引越し業者を探す必要性があるかもしれませんね。

この記事を読み込むことで、引越し業者は冷蔵庫を処分してくれるのか、処分してくれるなら費用の相場はどれくらいになるのかが分かります。

それでは、引越し業者は冷蔵庫の処分に対応しているのか、対応しているなら費用はどれくらいかかるのかをご説明しましょう。

引越しの際に冷蔵庫を処分しようと考えているなら、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそも引越し業者は冷蔵庫の処分に対応してくれるの?

結論から言えば、引越し業者は冷蔵庫の処分に対応してくれます。

冷蔵庫を処分する方法として、自治体に回収してもらう方法やリサイクルショップへの売却、買い取り業者の利用、不用品回収業者への依頼など様々な方法があります。

これらの方法にはない特徴を持っているのが、引越し業者に処分をお願いする方法です。

引越し業者に処分を依頼する方法にはメリットやデメリットがあるので、十分に注意しましょう。

冷蔵庫を処分するなら、家電リサイクル法を忘れてはならない

一般的に冷蔵庫は粗大ゴミとして扱われるので、適当に捨てても構わないと思っている人がいます。

しかし、冷蔵庫を含む4種類の家具や家電は『家電リサイクル法』の対象商品となっているため、適当な処分を行ってしまうと罰則の対象になるでしょう。

家電リサイクル法の対象商品は冷蔵庫、テレビ、エアコン、洗濯機の4種類です。

これらを処分する場合は処分費用の一部をこちらが支払わなくてはならない決まりになっているので、きちんとリサイクル料金を支払って正規の方法で処分することになります。

冷蔵庫を処分する場合のリサイクル料金はメーカーによって違いますが、170リットル以下なら約4000円以下、170リットル以上なら約5000円以下が相場になっています。

引越し業者に処分を依頼するメリット

引越し業者に処分を依頼するメリットは、何といっても別の処分業者を探す手間と時間が省けることでしょう。

通常、一般的に冷蔵庫を処分しようとすると、不用品回収業者などの処分業者を探して依頼しなければなりません。

引越しを依頼する業者と処分業者を一緒に探さなければならないので、二度手間になってしまうデメリットがあります。

しかし、引越し業者が冷蔵庫の処分に対応してくれるのであれば、別々に処分業者を探す必要性がなくなるというメリットがあるのです。

引越し業者とは別に処分業者を探す必要性がなくなるため、処分業者を探す時間と手間がかからなくなるでしょう。

他の処分業者にも様々なメリットがあるとはいえ、引越しと同時に冷蔵庫を処分してくれるのはまさに一石二鳥です。

基本料金がかからない

引越し業者に処分を依頼するメリットとして、基本料金がかからないことが挙げられます。

他の処分業者に依頼する場合、冷蔵庫の処分費用とは別に相場である3000円から5000円の基本料金を合わせた料金を請求されるでしょう。

しかし、ほとんどの引越し業者は基本料金なしで冷蔵庫を初めとする家具や家電を引き取ってくれます。

基本料金が請求されないのは、既に見積もりの際に冷蔵庫の処分費用が上乗せされるだけという仕組みになっているからです。

基本料金が請求されない分だけ別の処分業者に依頼するよりも安いと言えますし、引越しと同時に冷蔵庫を処分してくれるので料金的にも非常にお得だと言えますね。

見積もり金額が高くなる可能性がある

冷蔵庫のサイズによっては、見積もり金額が高くなるデメリットがあります。

これは冷蔵庫のサイズによって配備するトラックの大きさを変えなければならないためであり、通常よりも引越し費用が割高になる可能性があるでしょう。

引越しと同時に冷蔵庫を処分するということは、引越し先に運ぶ荷物と冷蔵庫を一緒に積み込むことになります。

たとえば2トントラックのショートで済むような引越しだったとしても、冷蔵庫を積み込むことになると2トントラックのロングになる可能性が高いです。

引越し費用が高くなる可能性が高い以上、引越し業者に処分をお願いすることだけが最善の選択肢になることはないでしょう。

手間がかからない引越し業者か、別の処分業者に依頼するかどうかの選択肢になるのではないでしょうか。

引越し業者に冷蔵庫を処分してもらう時の費用の相場は?

引越し業者に冷蔵庫を処分してもらう時は、見積もり金額に上乗せされる形で処分費用がかかることになります。

引越し業者によって料金体制が違うので、あくまで費用の相場です。

それでは、引越し業者に冷蔵庫を処分してもらう時の費用の相場をご説明しましょう。

引越し業者によって料金体制が違う可能性が高い

引越し業者に冷蔵庫の処分を依頼する場合、費用の相場は5000円から8000円程度になります。

ただ、この相場はあくまで全体的な費用の相場であり、引越し業者によって大きく違うことがあります。

引越し業者は冷蔵庫の処分を請け負っているとはいえ、その料金体制は明らかにされていません。

ほとんどの業者は料金表を提示しておらず、見積もりを依頼するまではハッキリとしません。

したがって、冷蔵庫の処分を依頼する時は見積もりを依頼する際に冷蔵庫を処分したい旨を伝える必要性があります。

他にも処分するものがあるなら不用品回収業者がおすすめ

冷蔵庫のみの処分なら引越し業者でもいいですが、他にも処分する家電や家具、粗大ゴミがあるなら不用品回収業者にお願いした方が安くなる場合があります。

複数の処分品がある場合は事前に業者に見積もりを取りましょう。

業者に見積もりを取る場合は一社ではなく複数の業者に見積もりを取ることが大切になります。

不用品の処分費用は業者により様々で、一社からの見積もりだとその費用が高いのか安いのか分かりません。

複数の業者に見積もりを取ることで処分費用の相場を調べることができます。

相場を知ることで安く冷蔵庫などを処分することができるでしょう。

「でも複数の業者に見積もりを取るのはめんどくさい…」

「どこの業者に見積もりを取ったらいいんだろう?」

という疑問もありますよね。

そこで便利なのが「不用品回収の一括査定サイト(無料)」になります。

一回入力するだけで最大で5社まで見積もりを取ってもらう事が可能です。

5社の見積もりを比べることで安い業者を見つけることができますし、費用の交渉材料になります。

利用の所要時間は数分程度。

利用料は無料になります。

詳しくはこちらをご覧ください。

冷蔵庫を安く処分してくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

基本的に冷蔵庫を処分する時は処分業者に依頼するものですが、引越し業者に処分を依頼するのもおすすめです。

何といっても別々に業者を探す手間と時間が一気に省けるので、時間がない時に冷蔵庫を処分したい時にも良いでしょう。

ただし、他の業者が劣っているわけでは決してないため、他の処分業者と比較する必要性があるのではないでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しで不要になった洗濯機や冷蔵庫を売ることは可能なの?

引っ越しで業者は冷蔵庫を2階まで運んで設置はしてくれるの?

引越しで何時間前に冷蔵庫の電源を切るの?流れやいつ切るかについて解説します

冷蔵庫のみの引っ越し費用の相場は?冷蔵庫だけでも運んでくれるの?