引越し先にピアノを持っていかないので処分したいんだけどどうしたらいいの?

 

新しく引越す場合、現在持っているピアノの扱いに困ったことはありませんか?

引越し先にピアノを持っていかないのであれば処分するしかなくなりますが、どうやって処分すればいいのか分からない人もいるでしょう。

100キロや200キロ以上もあるようなものを自分で持っていくわけにはいきませんし、引越し予定日の関係で早々に処分しなければならない場合もありますよね。

もちろんピアノを処分する方法はあるので、安心してくださいね。

この記事を読み込むことで、ピアノの処分方法が分かります。

それでは、引越し先にピアノを持っていかない場合の処分方法についてご説明しましょう。

引越しを機にピアノの処分を検討している人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそもピアノを処分してもらうことはできるの?

そもそもピアノを処分してもらうことができるのか気になる人もいるかもしれませんが、結論から言えばもちろん処分してもらうことができます。

ピアノは基本的に重量物扱いとなるので自分で持ち運ぶことはほぼ不可能ですし、業者に引き取ってもらうなどの方法で処分するのがおすすめです。

引越し業者の中にも不溶品を処分してくれることがありますが、引越し業者は基本的にピアノの運送を受け付けていないようにピアノの処分に対応していないケースが大半です。

引越し業者にピアノを処分してもらいたいなら、ピアノ運送の専門業者と提携している引越し業者に依頼すると良いでしょう。

ピアノ運送の専門業者であればピアノの扱いに長けているので、難なく処分してくれるかもしれません。

ピアノの種類によって処分費用が変わる

ピアノといってもグランドピアノやアップライトピアノ、エレクトーン、電子ピアノといった種類があります。

ピアノを処分するには基本的に処分費用がかかるので、どのくらいの処分費用がかかるのかを把握する必要性があるでしょう。

基本的に処分費用が高くなるのは、グランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトーン、電子ピアノの順です。

グランドピアノは250キロ以上あるような重量物であり、外に運び出すだけでもかなり苦労するような楽器です。

このことから外に運び出すためにはスタッフを増員しなければならないので、処分費用が軒並み高くなる傾向にあります。

対するアップライトピアノはグランドピアノほど大きくなく、250キロ以下の重量物なのでグランドピアノよりも苦労することはありません。

ただ、重量物であることに変わりはないので、スタッフを増員するようなことがあれば処分費用が高くなることも十分考えられます。

そしてエレクトーンや電子ピアノはこれまでのピアノとは違い、軽くて40キロ程度、重くても100キロ以下と軽いので少ないスタッフで運んでくれるでしょう。

グランドピアノやアップライトピアノのように処分費用が高いわけではないので、安価で処分することができます。

ピアノの処分方法について

ピアノを処分してもらう方法は様々ですが、メリットやデメリットが違うので自分に合った方法で処分する必要性があります。

上手くいけば処分費用をかけずに済むことができるものの、素直に処分費用をかけた方が良い時もあることを覚えておいてくださいね。

それでは、ピアノの処分方法についてご説明しましょう。

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

ピアノを処分する簡単な方法として挙げられるのが、粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法です。

自治体にピアノを回収してもらうためには、あらかじめコンビニやスーパーなどで粗大ゴミ処理券を購入し、ピアノに貼りつけてから回収をお願いすることになります。

なお、ピアノの種類や大きさによって必要な手数料の金額が違うので、事前に粗大ゴミ回収のホームページなどでいくら必要になるのか確認しましょう。

ただし、全ての自治体がピアノを回収してくれるわけではありません。

そもそもエレクトーンに関してはどこの自治体も回収してくれませんし、電子ピアノの回収には対応してくれてもグランドピアノやアップライトピアノの回収には対応していないこともあります。

ピアノはそれだけ扱いが難しい上に、回収してもらうには自分で外に出しておくのが一般的なので大変な労力を必要とします。

事前に自治体に確認してピアノを運んでくれるのか相談するか、あるいは別の方法で回収してもらった方が良いかもしれませんね。

もしピアノを自治体が回収してくれるのであれば、手数料分の粗大ゴミ処理券を購入し、収集日と受付番号、氏名のどちらかを記入してピアノに貼りつけます。

後はピアノを収集日の前日に指定の場所にピアノを運び出すだけですが、重量があるピアノを運ぶのは大変なので、必ず十分な人数を集めてから運び出すようにしましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

ピアノを処分してもらう方法として、不用品回収業者に回収を依頼するのもおすすめです。

回収業者に依頼する場合は処分費用がかかるので、ピアノの種類ごとに費用を支払うことになります。

・グランドピアノ:4万円から5万円程度
・アップライトピアノ:2万円から3万円程度
・エレクトーン、電子ピアノ:1万円~

以上が不用品回収業者に回収してもらう時の費用の相場になります。

不用品回収業者に回収を依頼するなら、同時に他に処分したいものがないか探してみましょう。

不用品回収業者は1つだけでなく複数の不用品を回収してもらうことで、費用がお得になることが大半です。

同時に回収してもらえれば別々に処分する手間が省けるので、これを機に一気に処分してもらうのがおすすめです。

また、ピアノを初めとする不用品は回収業者が自ら回収しに来てくれるので、自分で外に運び出す必要性がありません。

ピアノなどの重量物は一人では運び出すのに苦労しますし、特に女性にとってはありがたいでしょう。

ただし、不用品回収業者の中には悪質な業者がいることに注意が必要です。

トラックまで不用品を積み込んでおきながら、後で不当な料金を請求してくるのが基本です。

もし断るようなことがあれば、トラックに積み込んだ不用品をその場に置いて立ち去ってしまいます。

このような事例はまだ序の口と言える方で、他にも様々な方法で悪質なやり方を押しつけてくる可能性が高いです。

悪質な不用品回収業者を見極めるためにも、行政から正当な不用品回収業者としての証明を持っているか確認すること、ホームページを持っていて固定電話番号が記載されているかなどをチェックしましょう。

また、単にピアノだけを処分してもらいたいなら、ピアノを無料で処分してくれる業者が存在します。

トラック代も運び出し代も処分費用も全て無料なので、ピアノを処分するのに最適だと言えますね。

誰かに譲る

引越しの際に必要ないからといってピアノを処分することを決めたとはいえ、まだ使えるものを処分するのはもったいないと思う人もいるでしょう。

そんな時は、親戚や友人などに相談してピアノを引き取ってもらえないか相談するのがおすすめです。

相談しても誰も必要ないと言われてしまえばそれまでですが、もし欲しいと言ってくれる人がいればラッキーです。

自分はピアノを処分したい上に相手はピアノを欲しがっているので、お互いに一石二鳥になります。

ただし、そうなると自分の家から引き取ってもらう人の家までピアノを運ぶ必要性があります。

そのような場合はピアノの運搬に対応している引越し業者か、ピアノ運送の専門業者に依頼してみましょう。

ピアノ運送の専門業者であれば追加料金が発生するものの、調律を行ってくれるので引き取りたい人も満足できます。

ただ、大きなピアノほど運搬費用がかかるので注意しましょう。

オークション形式のサイトに出品する

まだ使えるピアノをただ処分するのはもったいないので、オークション形式のサイトに出品する方法もあります。

オークション形式のサイトであれば誰かが落札してくれる可能性があるだけでなく、買い取りという形になることから利益を出すことも可能です。

配送料も落札者が負担してくれるので、後はどうやって落札者の元に配送するかがカギとなるでしょう。

ただし、オークション形式のサイトに出品したとしてもすぐに落札されるとは限りません。

なかなか落札されない時もあれば、引越し予定日が近くなってもまだ落札されない事態も想定しておくべきです。

余裕がなくなってきた時に落札されていないのであれば、早めに見切りをつけて他の方法で処分した方が良いでしょう。

買取業者に買い取ってもらう

ただ処分してもらうよりも、買取業者に査定を依頼して買い取ってもらう方法もおすすめです。

買取業者に依頼すると、処分費用がかからないのが最大のメリットだと言えるでしょう。

処分費用がかからないどころか査定してもらうと、思った以上に買取金額が高いこともあるのでまずはどの方法よりも査定を依頼した方が良いかもしれません。

買取業者のほとんどは出張買取に対応しているため、自分でピアノを店舗に持っていく必要性がないのもポイントです。

ただし、査定してもらえるといっても必ず買い取ってもらえるわけではありません。

ピアノの古さや傷の付き具合、壊れているピアノなど様々な条件によっては出張買取を行っても買い取れない事態になることがあります。

その場合、その場でピアノをどう処分していくかを決めます。

多くは他の方法で処分することになりますが、買取業者の中には無料でピアノを処分してくれることもあるので便利です。

処分費用もかからず、査定金額がつかなくても処分してもらえるので一石二鳥ですね。

買取してもらうなら複数の業者に見積もりを取ろう

ピアノを買取業者に少しでも高く買取してもらうなら複数の業者に見積もりを取ることが大切です。

ピアノの買取額は大まかにしか決まっていなく、業者により金額は様々です。

一社からの見積もりだとその金額が高いのか、安いのか分かりません。

複数の業者に見積もりを取ることで買取額の相場を知ることができます。

相場を知ることで高い業者に売ることができたり、相場を元に交渉をすることも可能になります。

なので少しでも高くピアノを売るなら複数の業者に見積もりを取ることが大切になります。

「でも複数の業者に見積もりを取るのってめんどくさい…」

「どこの業者に見積もりを取ったらいいの?」

何て疑問もありますよね。

そういう場合に便利なのが「ピアノの一括査定サイト(無料)」になります。

一回の入力をするだけで最大5社まで見積もりを取ってもらう事が出来ます。

一括査定を利用するだけで買取額の相場や高く買い取ってくれる業者を見つけることができます。

所要時間は数分程度。

利用料が無料なのも嬉しいですよね。

詳しくはこちらをご覧ください。

あなたのピアノを少しでも高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

基本的に重量があるピアノを処分する方法は多くあるので、処分する方法には困らないでしょう。

ピアノをただ処分してもらうよりも、まだ使えそうなら誰かに引き取ってもらったりネットオークションに出品するなど様々な方法があります。

まずは買取業者に査定を依頼して、金額が付くか確認するのがおすすめです。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しでピアノを2階以上に運ぶ場合の費用の相場はいくら?

引越しでグランドピアノを運んだ場合の費用の相場はいくら?

引越しでアップライトピアノを運んだ場合の費用の相場はいくら?

引越しでエレクトーンを運んだ場合の費用の相場はいくら?

引越しでピアノが玄関から入らないんだけどどうしたらいいの?