引越しでピアノが玄関から入らないんだけどどうしたらいいの?

 

引越しするにあたって問題になりやすいのが、ピアノの運搬です。

ピアノには基本的にアップライトピアノとグランドピアノの2種類がありますが、引越し先の玄関が通らないほどの大きさだと困りますよね。

しかし、もし玄関から入らなくても引越し先にピアノを運ぶ方法は確かにあります。

もしピアノが玄関に入らなかったとしても、引越し業者に相談することで解決できるでしょう。

この記事内では、ピアノが引越し先の玄関を通らない時の方法が分かります。

それでは、引越しでピアノが引越し先の玄関を通らない場合、どうすればいいのかについてご説明しましょう。

ピアノを引越し先に運ぶなら、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



ピアノを運ぶ時に注意しておきたいことについて

ピアノを運ぶ場合、一番に気を付けておきたいのはピアノが非常に繊細な楽器だということです。

ピアノは構造上、楽器全体で美しい音色を奏でるものなので素人が下手に運ぼうとするとピアノ本来の音色が失われてしまう可能性があります。

玄関に入らないからといって手をこまねいていると、ピアノ自体の質を落としかねません。

また、一般的な引越し業者は、たとえ大手の業者であってもピアノの運送を受け付けていません。

いかに大手の引越し業者であってもピアノを何の問題もなく運ぶことは非常に難しく、責任を問われかねないので受け付けていないのが基本です。

それでも引越し業者の中にはピアノの運搬を受け付けていることがありますが、この場合はピアノを運搬する専門業者と提携しており、そちらに運搬を依頼しています。

つまり、多くの引越し業者はピアノの運搬ができません。

したがってピアノを搬入する場合、専門業者が搬入してくれるものだと思いましょう。

もしもピアノが玄関を通らない場合はどうやって搬入させるの?

自分の家にあるピアノがどうやって玄関を通ったのか気になるところですが、既に家の中にあるなら玄関を通ることができたということになります。

しかし、玄関の大きさが違う引越し先はそうはいきません。

それでは、ピアノが引越し先の玄関を通らない場合の搬入方法についてご説明しましょう。

玄関を通れない場合は、玄関以外の場所から搬入する

もしも玄関を通れなくて搬入できなかったとしても、玄関以外から玄関以外から搬入すればいいのです。

2階のベランダや庭、テラスなど様々な搬入口があるので、玄関を通らなかったとしても何も問題はありません。

ただし、ピアノを2階以上に行く場合はピアノが階段を通れない可能性があるため、2階の窓から搬入するしかなくなります。

吊り上げ作業で搬入する

もしもピアノが玄関を通らず、1階の窓から搬入しても階段を通ることができない場合は吊り上げ作業を行ってピアノを搬入する方法があります。

吊り上げ作業はクレーンなどと違い、完全にスタッフの手によってピアノを搬入させるので費用が安く済むのがポイントです。

まず、ピアノをロープで縛ったり滑車に乗せたりして、ピアノを持ち上げていきます。

ゆっくりとピアノを持ち上げて、搬入させる階層に届いたらスタッフがピアノを引き受け、設置していく流れとなります。

この方法は最初から最後までスタッフのみの人力作業になるため、4階以上の高い階層に引越す場合は利用できないので注意しましょう。

利用できるのは一軒家か2階から3階に引越す時になるので、引越し先の階層をチェックする必要性がありますね。

クレーン車を利用して搬入する

基本的に低い階層であれば吊り上げ作業で十分ですが、4階以上の高い階層は吊り上げ作業ができないのでそうはいきません。

この場合、ピアノを搬入するためにはクレーン車を利用することになります。

クレーン車であれば4階以上の高い階層でも難なくピアノを搬入することができるので、クレーン車を利用しましょう。

クレーン車を利用する場合は基本的にピアノをクレーンで吊って窓から搬入させることになります。

費用は吊り上げ作業を行う方法よりも安いのがポイントです。

吊り上げ作業は最初から最後まで全てスタッフが人力作業を行うことになるので、その分作業員を増員させなければなりません。

スタッフを増員させた分だけ引越し費用が高くなるということになります。

ただし、クレーン車はどんな時でも利用できるわけではありません。

クレーン車を利用する場合は窓やベランダに面している道路が広くないと、クレーン車を移動させることができず、作業が行えなくなります。

クレーンを伸ばす時も途中に電線があると危険なので作業ができなくなりますし、クレーン車の周辺の地盤が柔らかいとピアノを持ち上げる時に踏ん張ることができません。

クレーン車を利用する場合は周辺状況に左右されるので、周辺状況を確認してクレーン車が利用できるか確かめましょう。

引っ越しを行う時はスタッフが荷物を持って引っ越し先まで運んでくれますが、どうしても扉を通らない荷物も存在します。 この場合、クレー...

ピアノを分解して搬入する

吊り上げ作業やクレーン車による搬入以外にも、ピアノを分解して搬入する方法があります。

ピアノを分解するなんて信じられないかもしれませんが、実際に搬入するのはピアノの運搬に長けた専門業者になるので、お持ちのピアノでもある程度分解できるでしょう。

この方法であれば吊り上げ作業でもクレーン車でも搬入できない引越し先に、ピアノを搬入させることができます。

というのも、吊り上げ作業は低い階層のみ、クレーン車は6階以上の高い階層は届きません。

つまり、ピアノをより高い階層に運ぶならこの方法しかないということになります。

分解や組み立て作業は専門業者が行ってくれるので、安心してピアノを引越し先に運ぶことができるでしょう。

なお、ピアノを分解して搬入する方法の費用は、ピアノのメーカーや型番などによって左右されます。

もしもピアノを分解して搬入させるのであれば、どのくらいの費用がかかるのか聞いてみましょう。

さいごに

ピアノは大きな家具の扱いになりますし、引越し業者は運搬を受け付けていないことがほとんどなので専門業者に任せることになるでしょう。

ピアノの搬入方法によってかかる費用が違うので、どのくらいの費用がかかるのか確かめる必要性があります。

ピアノは繊細な楽器だからこそ、専門業者に任せることで安心して運んでもらえますね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

新しく引越す場合、現在持っているピアノの扱いに困ったことはありませんか? 引越し先にピアノを持っていかないのであれば処分するしかな...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しでアップライトピアノを運んだ場合の費用の相場はいくら?

引越し先にピアノを持っていかないので処分したいんだけどどうしたらいいの?

引越しでピアノを2階以上に運ぶ場合の費用の相場はいくら?

引越しでグランドピアノを運んだ場合の費用の相場はいくら?

引越しでエレクトーンを運んだ場合の費用の相場はいくら?