女性の一人暮らしの引っ越しの挨拶ってどうしたらいいの?

 

一人暮らしの女性が引っ越した時、他の部屋の住人に挨拶する必要性があるのか気になりますよね。

挨拶しないならしないで失礼に思われてしまうかもしれませんし、女性が一人で暮らしているということで防犯のためにしない方がいいということもあるでしょう。

結論から言えば、例外を除いて一人暮らしの女性は引っ越しの際に挨拶しない方がいいとされています。

女性の一人暮らしは危ないので、そのリスクを下げるに越したことはありません。

この記事を読むことで、なぜ一人暮らしの女性が挨拶してはいけないのかが分かります。

それでは、一人暮らしの女性が引っ越した時に挨拶するべきなのかご説明しましょう。

一人暮らしの女性が引っ越す時は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



一人暮らしの女性は引っ越しの挨拶をするべき?

女性の一人暮らしといえど、引っ越しの挨拶をしないのは非常識だと思われてしまうかもしれません。

とはいえ、女性の一人暮らしは何が起こるか分からないので、挨拶の必要性はあるのでしょうか。

それでは、一人暮らしの女性は引っ越しの挨拶をするべきなのかご説明しましょう。

基本的に挨拶する必要性はない

基本的に引っ越した時に挨拶した方がいいのかどうかについては、明確な答えはありません。

新しく引っ越してきたらマナーとして上下階や左右の住人に挨拶するのが一般的とはいえ、一人暮らしの女性はそれをためらうこともあるでしょう。

わざわざ一人で住んでいるということを伝えることになるので、何が起こるか分からないからこそ挨拶するのは避けるのがおすすめです。

これは非常識以前に自分の身を守るためでもあることから、挨拶の必要性はほとんどありません。

一人暮らしの女性が暮らすにあたって防犯対策を行う必要性があるのと同じで、挨拶はなくても構わないのです。

特に都心では誰かが引っ越してきても割と無関心なことが多く、挨拶してこなくても何も思わない人が多い傾向にあります。

都心に引っ越す予定がある女性は、なるべく挨拶しない方が良いでしょう。

引っ越しの挨拶はしなくても、外で会ったらした方がいい

引っ越しの挨拶は基本的にしなくて構いませんが、廊下などで他の住人と会った場合は挨拶した方が良いでしょう。

もちろん他の住人との接触を避けることも防犯上の問題で大切なことではありますが、もしバッタリ会った時は挨拶するのがマナーです。

こちらから挨拶をしても相手は何も返してくれないこともあるものの、急に挨拶されてビックリしている可能性が高いので、決して非常識というわけではありません。

挨拶しても返してくれないから挨拶しないと、悪い印象を持たれる可能性があります。

挨拶しなくて悪い印象を持たれてしまうよりも、挨拶して良い印象を持たれた方が良いでしょう。

また、ここで忘れないでおきたいのが、大家さんや自治会の会長には必ず挨拶するのがマナーです。

隣人などに挨拶するわけではありませんし、これから住まわせてもらう者として挨拶しておきましょう。

挨拶と同時に暮らす上でのマナーなどを教えてもらえるので、今後のためにもしっかり挨拶するのが得策です。

女性専用のアパートやマンションなら必ず挨拶しよう

男女共同の物件ではなく、防犯上の対策として女性専用のアパートやマンションに引っ越す人もいるでしょう。

この場合は、基本的に上下階や両隣の住人に挨拶するのがマナーです。

もちろん上下階や両隣が必ずしも信頼できて安心できる住人とは限りませんが、相手も女性なので男女共同の物件よりも安心できることに変わりはありません。

むしろ挨拶したことによってお互いが知り合うきっかけになり、そのまま意気投合することも少なくないでしょう。

一人暮らしの女性が物件に住む際に注意したいこと

一人暮らしの女性が物件に住むにあたって注意したいことは多くあります。

自分の身を守るための防犯対策でもあるので、なるべく怠らないようにしましょう。

それでは、一人暮らしの女性が物件に住むにあたって注意したいことについてご説明しましょう。

表札について

防犯上の観点から、一人暮らしの女性が暮らす場合、表札をつけたままにした方がいいのか悩みますよね。

結論から言えば、防犯を気にするのであれば表札は外した方がいいでしょう。

表札を外しておけば女性が住んでいるのか男性が住んでいるのかが分からなくなるため、一つの有効的な手段となります。

しかし、表札を外すことで郵便物が届かなくなる可能性がある問題点が発生します。

表札がなくても不在票や再配達連絡票などを入れてくれることもありますが、物件や郵便局によっては入れてくれないこともあるでしょう。

もし防犯上の問題を気にして表札を外す場合は、郵便物の扱いに注意する必要性があります。

女性が住んでいるのが周囲にバレないようにしつつ、郵便物を受け取りたいのであれば名字だけの表札を出しておくのが得策です。

名字だけなら女性か男性か判別できませんが、現在の表札を変えたい場合は大家さんに相談するのが得策です。

引っ越しの挨拶に持っていくもの

もし上下階や両隣が女性で引っ越しの挨拶に行くなら、粗品として渡すものに注意しましょう。

一般的に引っ越しの粗品として渡すものと言えば、タオルや引っ越しそばなどの食べ物が挙げられます。

しかし、家にタオルがいっぱいある人にとってさらにタオルを増やしてしまうことになりかねませんし、そばなどの食べ物は人によって好き嫌いが分かれ、アレルギーを持っている可能性もあります。

このようにタオルや食べ物類はおすすめできないので、代わりに日用品を渡すのが得策です。

日用品であれば普段から使っているので困ることはありませんし、消耗品なのでありがたく思う人も多いでしょう。

これから気持ち良く新生活を始めるためにも、渡す粗品は工夫して選ぶのがおすすめですね。

さいごに

一人暮らしの女性が引っ越した時、常識的に考えれば挨拶するのが普通ですが、女性の場合はおすすめできません。

上下階や両隣に住む人がどんな人なのか分かりませんし、何が起こるか分からないので防犯対策として挨拶しない方が良いでしょう。

もちろん挨拶するべきところはしっかりする必要性があるので、一人暮らしの女性は意識して行動するのが得策ですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

新築マンションへの引っ越しだと必ず幹事会社使わないとダメなの?

引越しの転居はがきの文例はある?書く場合の注意点とは?

引越し業者に女性スタッフはいるの?お願いすることは可能なの?

引越しの報告は年賀状と一緒にしてもいいの?例文はある?

新築マンションに引っ越しする時って家具や家電の搬入ってどうなるの?

引っ越しを機に不要な自転車を処分したいんだけどどうしたらいいの?