引っ越しの申し込みの期限ってあるの?最短だとどのくらい?

 

引っ越しするにあたって引っ越し業者に引っ越しを申し込むことになりますが、時間の関係で申し込みがギリギリになる人もいるのではないでしょうか?

急な転勤や引っ越しでスケジュールに余裕がない人もいますし、申し込みに期限があったら困りますよね。

もし申し込みに期限があるのであれば、少なくともその期限までに引っ越しの申し込みを行う必要性があります。

申し込みの期限が分かれば、急な転勤などで引っ越しをすることになっても安心です。

この記事を読み込むことで、引っ越しの申し込みの期限が分かります。

それでは、引っ越しの申し込みの期限はいつまでなのか、最短だとどのくらいになるのかご説明しましょう。

申し込みの期限が知りたい人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引っ越しの申し込みに期限はあるの?

結論から言えば、実は引っ越しの申し込みには期限というものが存在しません

というのも、たとえ当日にいきなり引っ越さなければならない状況だったとしても、引っ越し業者が申し込みを受けた時点で引っ越すことができるからです。

引っ越しが急に決まることも珍しくありませんし、急に当日中に引っ越さなければならない人もいるので、どんな状況でも対応してくれるでしょう。

このことから、よほどのことがない限り実質的に申し込みには期限が存在しないということになります。

もし急に引っ越しすることになったとしても、大半の引っ越し業者は柔軟に対応してくれるので安心できますね。

とはいえ、急な話が舞い込んでこない限り、ギリギリになって引っ越しの申し込みを行うのはおすすめできません。

引っ越しの申し込みは早ければ早いほどお得ですし、その分余裕を持って引っ越しの準備を進めることができます。

引っ越しの申し込みはできる限り早めに行いましょう。

もしも引っ越しの申し込みの期限が迫っていたらどうすればいいの?

本来であれば数週間前や1ヶ月前などから準備しなければならないのに、もしも急な引っ越しが決まってしまうと準備があまりできなくなってしまうでしょう。

準備がままならない中で引っ越さなければならなくなった時には、どうすればいいのでしょうか。

それでは、急な引っ越しが決まった時に申し込みの期限が迫ってきたらどうすればいいのかご説明しましょう。

一括見積もりサービスの利用がおすすめ!

何らかの理由で急な転勤をしなければならなくなったり、都合によって引っ越さなければならなくなったケースは多くあります。

いくら引っ越しの申し込みには期限がないとはいえ、満足いく準備はおろか急な引っ越しに対応してくれる引っ越し業者を見つけるのは大変です。

そこで役に立つのが、引っ越し料金の一括見積もりサービスの利用です。

一括見積もりサービスは1社ずつ複数の引っ越し業者に見積もりを依頼するよりも非常に効率的な方法であり、たとえ急な引っ越しをすることになっても引っ越し業者を見つけやすくなります。

このサービスを利用することで圧倒的な時間短縮ができるだけでなく、一度に最大10社まで引っ越し業者に見積もりが依頼できるのが最大のメリットだと言えます。

引っ越し業者の中には時間がない人でもスムーズに引っ越せるように様々なプランが用意されており、見積もりを依頼する時に条件を伝えることで柔軟に対応してくれます。

荷造りから荷解きまでスタッフが行ってくれるサービスであったり、中には引っ越しした後に行う手続きまでも代行してくれるサービスを提供していることもあります。

こうした引っ越し業者を吟味して選べるのも、一括見積もりサービスのメリットだと言えるでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

期限がない引越しにも対応してくれる業者を調べてみる(無料)

一括見積もりサービスのを利用する時の注意点

一括見積もりサービスを利用することで急な引っ越しをしなければならない場合でも引っ越せるなど様々なメリットがありますが、注意点もあります。

まず、一括見積もりサービスを利用する時は引っ越し予定日の90日前からしか利用できません。

90日以上前からは利用できないので、その時は別の準備を進める必要性があります。

また、一括見積もりサービスは引っ越しする前日の午前中までと決められています。

つまり、9月25日に引っ越したい人は、9月24日の午前中までなら一括見積もりサービスを利用することができるでしょう。

逆に午前中を過ぎてしまうと一括見積もりサービスが利用できなくなるので、別の方法で見積もってもらう必要性があります。

一括見積もりサービスは一つだけではないため、当日中の見積もりに対応してくれる一括見積もりサイトが見つかるはずです。

当日中に引っ越さなければならない場合でも、慌てず冷静になって行動しましょう。

とはいえ、引っ越し当日や前日、2日前などは引っ越し業者も別の予約を入れている可能性があるので、根気よく見積もりを依頼するのがポイントです。

さいごに

引っ越しには申し込みの期限がないので、実質的にはいつでも引っ越しの申し込みができるということになります。

もちろん当日中や前日の引っ越しに対応してくれる引っ越し業者は少ないかもしれませんが、引っ越し料金一括見積もりサービスであればすぐに見つかる可能性があるでしょう。

申し込みがギリギリになったとしても、慌てず冷静になって行動するように心がけるのが得策です。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

単身の引っ越しを即日対応してくれる業者はある?見積もりもしてくれるの?

引越しのキャンセルの連絡は電話?メール?理由は何て言ったらいいの?

引越しをキャンセルしたら業者にもらったダンボールはどうしたらいいの?

引越しのキャンセル料金って何日前からかかるの?相場は?

引っ越しの申し込みは何日前までにした方がいい?〇〇日前がおすすめです