引越しのキャンセル料金って何日前からかかるの?相場は?

引越しするにあたり、様々な理由によってキャンセルすることになったケースも少なくないでしょう。

相手の業者には申し訳ありませんが、電話やメールでキャンセルする旨を伝えなければなりません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

引越しすることが決まっていた時、何らかの理由によって引越しが取りやめになったり、もっと良い業者が見つかることも少なくないのではないでしょうか。 ...

しかし、ここで疑問に思うのは、キャンセル料が発生しないかどうかです。

こちらの都合でキャンセルするのですから料金を支払うのは仕方がないこととはいえ、それでもなるべくなら料金を支払いたくないですよね。

そこで、引越しをキャンセルしたことによって発生する料金は何日前から発生するのか、相場はどれくらいなのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



何日前に引越しをキャンセルすると料金が発生するの?

どうしてもキャンセルせざるを得ない時は申し訳ないと思いつつ、キャンセルの連絡をすることになるでしょう。

しかし、予約をキャンセルしたことで料金が発生するとなれば、もう少し早くキャンセルすれば良かったと思うかもしれません。

では、キャンセル料は引越しする何日前に行ったら発生するのかについてご説明しましょう。

そもそも引越しをキャンセルすることはできるの?

そもそも一度予約した引越しの予約をキャンセルできるのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、もちろん問題なくキャンセルできます。

元々予約したからといって引越し業者に必ず作業を行うような強制力はありませんし、いつキャンセルするかは利用者の自由です。

しかし、キャンセルの連絡を入れたことで業者から何度も理由を聞かれたり引き留められたり、代わりに料金を下げたりこちらの希望に沿うようにしたりと、あの手この手で迫ってくるので注意しましょう。

キャンセル料が発生するのは、引越しする当日とその前日のみ

引越しのキャンセルによって発生する料金は国土交通省による標準引越運送約款によって定められています。

もしも引越しする当日にキャンセルした場合は引越し料金の20%、引越しする前日なら10%を支払わなければなりません。

引越しする前々日、つまり引越しする2日前までにキャンセルすればキャンセル料は発生しないということになります。

また、引越し業者は引越しする予定より2日前までに予約を申し込んだ人に対し、見積書の内容に変更がないか確認する決まりになっています。

標準引越運送約款によって定められている決まりであり、もしこの確認を忘れた場合は引越し当日や前日に予約をキャンセルされたとしてもキャンセル料を請求することはできません。

とはいえ、ほぼ確実に確認を取ってくるので、あまり期待しない方が良いでしょう。

ただし、業者によっては標準引越運送約款ではなく独自の約款を届け出して認可されていることもある為、上記の条件に当てはまっていない可能性があります。

もしそうなれば標準引越運送約款と思っていると確認していなかったせいでキャンセル料を支払うことになりかねません。

引越し業者を予約する際には、キャンセルする時のことを考えていつまでにキャンセルすればいいのかを確認しましょう。

キャンセル料金の相場はどれくらい?

キャンセル料の相場は、上記の通り引越しの当日で引越し料金の20%、前日で10%となります。

つまり、引越し料金が10万円だった場合、前日だと1万円、当日だと2万円のキャンセル料を支払わなければなりません。

いずれにしてもどこの業者でも10%や20%という相場は変わらないので、必ず引越し料金の総額を確認してキャンセル料を用意することが大切です。

なお、引越し料金の中にはオプションサービスや梱包資材などの料金は含まれておらず、オプションサービスを利用した後にキャンセルしてしまうとキャンセル料とは別に料金を支払うことになるので注意しましょう。

引越しを延期してもキャンセル料が発生してしまう?

引越しをキャンセルするのではなく、延期する場合はどうなるのでしょうか。

厳密にはキャンセルではないので料金が発生するかどうか怪しいものですが、基本的には引越しをキャンセルする場合と変わりません。

また、引越しする日を延期できるかどうかは業者のスケジュールにもよるので、もしスケジュールが合わない場合はキャンセルすることになるでしょう。

もしも引越しする前日や当日に引越しの延期をする連絡を入れた場合、引越しする当日にキャンセルの連絡をしなかった時は上記のように引越し料金の当日20%、引越し料金の前日10%のキャンセル料が発生します。

雨が降っていても急な葬式や通夜などでも関係なく料金が発生するので、早めに話し合って早めに連絡するのがおすすめです。

悪質な業者からの法外なキャンセル料が請求されたらどうすればいい?

引越し業者の中には法外なキャンセル料を請求してくる悪質な業者が存在します。

万が一悪質な業者とやり取りするようになってしまったら、しかるべき対応を取る必要性があります。

では、法外なキャンセル料を請求してきたらどうすればいいのでしょうか。

法外なキャンセル料は支払う必要なし!

元々引越し業者のほとんどは標準引越運送約款によって請求するキャンセル料を定めています。

この標準引越運送約款により、当日は引越し料金の20%、前日は引越し料金の10%となっているので、基本通りであれば法外なキャンセル料を請求してくることはありません。

たとえ独自の約款に従っていても法外なキャンセル料を請求してくることはあり得ませんし、梱包資材やオプションサービスを利用していても法外なキャンセル料が請求されることはまずないでしょう。

しかし、中には引越し料金の50%を請求してきたり、あるいは引越しする2日前まででも本来ならキャンセル料がかからないにもかかわらず、キャンセル料が請求されることがあります。

もちろんこれはマナー違反なので、支払う必要性は全くありません。

基本的には断ることができますが、あまりにもしつこい、または脅してくるようであれば消費者センターに相談して対応してもらいましょう。

さいごに

やむを得ず引越しをキャンセルすることになるのは仕方がないことです。

それが引越しする前日や当日だった場合は諦めてキャンセル料を支払う他にありませんし、もしかしたらキャンセルするかもしれないと予測する必要性があるでしょう。

キャンセル料を支払いたくないのであれば引越しする2日前までに行いましょうね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しするにあたって、まず最初に契約した引越し業者ではなく、違う業者に乗り換えたいと思うこともあるのではないでしょうか。 どうしても他の業...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越しの申し込みの期限ってあるの?最短だとどのくらい?

単身の引っ越しを即日対応してくれる業者はある?見積もりもしてくれるの?

引越しをキャンセルしたら業者にもらったダンボールはどうしたらいいの?

引越しのキャンセルの連絡は電話?メール?理由は何て言ったらいいの?

引っ越しの申し込みは何日前までにした方がいい?〇〇日前がおすすめです