うさぎを引っ越し先に運ぶ方法は何がある?引越し業者は運んでくれる?費用は?

 

うさぎには様々な種類があるので、飼っていてとても可愛い動物ですよね。

しかし、いざ引っ越す時になってうさぎをどうやって引っ越し先に運ぼうか分からない人もいるのではないでしょうか?

基本的にうさぎはハムスターと同じく小動物扱いであり、当の本人もハムスター同様に環境の変化や振動などでストレスを感じてしまいます。

できる限りストレスを感じさせないようにする為にも、この記事を読み進めればどうすれば引っ越し先に運べるのかが分かるでしょう。

大事なうさぎの為にも、ストレスを最小限に抑えながら引っ越し先まで運ぶ方法を実践するのが得策です。

それでは、引っ越し先にうさぎを運ぶ方法についてご説明しましょう。

是非ともじっくり読み進めて、参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



自力でうさぎを輸送する方法とは?

引っ越し業者に頼らなくても、自分でうさぎを引っ越し先に運ぶ方法は多くあります。

ただ、どの方法を選ぶにしてもストレスを与えないように慎重になることに変わりはありません。

では、うさぎを自力で運ぶ方法についてご説明しましょう。

車でうさぎを運ぶ時の手順や注意点について

車を利用してうさぎを運ぶ場合のメリットは、何といってもうさぎが入ったケージがそのまま運べることと、エアコンによって温度調節がやりやすいことです。

うさぎにとってケージを変えることこそストレスを感じることはないので、ケージをそのまま運べるのはうさぎに与えるストレスを抑えられます。

また、どんな時期でもエアコンによって温度調節ができる為、寒い時期でも暑い時期でも臨機応変に対応できるでしょう。

うさぎを運ぶ場合、できればダンボールに入れて運ぶのがおすすめです。

ケージごと運べるとはいえ、周囲の環境が変わっていくので少なからずストレスを与えてしまいます。

ダンボールに入れておけば周囲の変化に怯えることもありませんし、固定もしやすくなります。

ダンボールに入れるのであれば、蓋は閉めずに開けておきましょう。

次に、ケージやダンボールは揺れないように足元や座席の下に置いて固定するのが一般的ですが、揺れを最小限に抑えられる場所ならどこに置いても問題ありません。

揺れや振動はうさぎにとってストレスになるので、揺れが最小限に抑えられて様子を定期的に確認できる場所なら問題ないでしょう。

また、車が揺れるとケージの中のおもちゃや給水ボトルなどが落下したりして危ないので、車に乗せる前に撤去しましょう。

ただし、うさぎによってはおもちゃがないと落ち着かない可能性があるので、必要なものだけを置いて後は撤去する方法もおすすめです。

給水ボトルを撤去するなら、代わりにキャベツなどの夏野菜を多めにケージに入れておきましょう。

その他に特に注意したいのは、うさぎに直射日光を当てないことです。

うさぎを初めとする小動物は基本的に直射日光に非常に弱いので、必ず直射日光を当てないように布を被せたりして必ず防ぎましょう。

新幹線でうさぎを運ぶ方法

新幹線を利用して引っ越し先にうさぎを運ぶ場合、絶対条件として必ず脱走しないようにケージに入れておかなければなりません。

また、うさぎを運ぶ場合、以下の注意事項を守らなければならないので確認しましょう。

・長さ70cm以内で、縦と横、高さの合計が90cm程度のケースに入れたもの
・ケージとうさぎの重さの合計が10kg以内のもの

上記の条件に加え、新幹線を利用する駅の改札で手回り品として280円の切符を購入する必要性があります。

事前に座席の予約をする時、うさぎのケージを置く為だけに別の座席を確保することはできないので注意しましょう。

自分の座席を見つけたら人の邪魔にならないように、ケージは座席の下か膝の上に置きましょう。

また、座席を予約する時は隣の人が移動する時に邪魔にならないようにする為の配慮として、窓側の席を予約しておくのが得策です。

飛行機でうさぎを運ぶ方法

飛行機を利用してうさぎを引っ越し先に運ぶ場合、預かり手荷物という扱いになるので貨物室に運ばれます。

貨物室は基本的に冷暖房が効いているので温度調節は問題ないかと思いきや、外気温や照り返しの影響を受けてしまうので気を付ける必要性があります。

特に飛行機までの移動の間に外気温の影響を受けてしまう状態なので、暑さ対策や寒さ対策はしっかりと行いましょう。

夏場は暑さによる影響を少なくする為に早朝や夜など涼しい時間帯に行動しないと、暑さでうさぎが激しく消耗してしまいます。

保冷剤を用意してできる限り消耗させないようにするのが得策です。

冬場は毛布やフリースなどの暖かいものでケージを覆い、寒さで体力を消耗させないように守りましょう。

また、貨物室には他の搭乗者が連れてきた犬や猫などのペットが運ばれていることもあるので、一緒に運ばれてしまうとうさぎが大きなストレスを感じてしまいます。

うさぎを飛行機に乗せる場合、事前に航空会社から「うさぎに何が起きても一切の責任を負わない」という同意書のサインが求められます。

たとえ貨物室で万が一うさぎが死んでしまうようなことになったとしても責任を問うことはできませんし、これに同意しないと飛行機でうさぎを運ぶことができません。

なお、うさぎが輸送できる航空会社は一部だけであり、条件も細かく違っているので忘れずに確認しておきましょう。

引っ越し業者はうさぎの引っ越しを受け付けているの?

自分でうさぎを引っ越し先に運ばなくても、引っ越し業者に輸送してもらうことができればありがたいですよね。

実際に引っ越し業者にうさぎの輸送ができるのかというと、一部を除いて基本的に引っ越し業者はうさぎの輸送に対応していません。

しかし、ヤマトホームコンビニエンスやアート引越センターといった引っ越し業者であればうさぎの引っ越しに対応しています。

それでは、それぞれの引っ越し業者についてご説明しましょう。

ヤマトホームコンビニエンス

こちらの業者はうさぎの輸送に対応していますが、直接うさぎの輸送を行っているわけではありません。

うさぎの輸送を行ってくれるのはヤマトホームコンビニエンスではなく、提携しているペットの専門会社なので費用も多く支払うことになります。

ヤマトホームコンビニエンスでうさぎを輸送する方法は以下の通りです。

・トラック併用便
・航空機併用便
・直行便

これらの方法の中で最も料金が高くなるのが、最初から最後までスタッフが変わることなく引っ越し先まで輸送してくれる直行便です。

うさぎを輸送するのであまり費用が高くなるとは言えませんが、それでも航空機併用便の2倍の費用がかかると考えて良いでしょう。

3種類の中で最も費用が安いのは、トラックを併用しながら専門のスタッフが輸送してくれるトラック併用便です。

トラック併用便を利用する場合だと途中でスタッフが変わる為、スタッフにうさぎを輸送していることを伝える必要性があります。

アート引越センター

アート引越センターを利用するメリットは、ファミリーサルーンと呼ばれる特殊車両を利用できることでしょう。

ファミリーサルーンとは客室スペースとコンテナスペースが一つになっている特殊車両であり、家族はもちろん引っ越しの荷物を一緒に運ぶことができます。

また、ペット用のケージを設置のスペースも確保できるのでうさぎと一緒に引っ越すことが可能です。

費用に関しても申し分なく、予約することで別途料金がかかることがありません。

必要なのは引っ越し料金だけなので、引っ越し料金を抑えながらうさぎと一緒に引っ越せるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

引っ越し業者を利用する時の注意点

引っ越しのプロだからこそ安心して引っ越し業者にうさぎの輸送をお願いできると思う人もいるでしょう。

しかし、実際は引っ越し業者がうさぎの輸送を行うのではなく、提携しているペットの専門会社に依頼している業者がほとんどです。

この場合、引っ越し業者に依頼した分の費用とペットの専門会社を利用した分の費用を合わせた料金が請求されることになります。

ペットの専門会社だからこそ安心してうさぎの輸送がお願いできるとはいえ、費用を抑えるのは難しくなるでしょう。

さいごに

うさぎは他の小動物と同じようにストレスを感じやすいので、急な変化や温度調節などに徹底して注意しなければなりません。

自分で運ぶ場合はケージの扱いや温度調節に注意しなければなりませんし、なるべく振動を与えないようにしましょう。

自分で運ぶのが心配なのであれば、費用がかかったとしても引っ越し業者にお願いするのがおすすめです。

費用がかかる代わりに安全に引っ越し先まで運んでくれますし、補償もあるので是非とも検討してみてはいかがでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

熱帯魚を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?費用は?引っ越し業者は運んでくれるの?

引っ越しする際の犬の手続きって何がある?登録変更も必要なの?

ハムスターを引っ越し先に運ぶ方法は何がある?引越し業者は運んでくれる?費用は?

引っ越しで犬の長距離輸送なら車?飛行機?新幹線?注意点も解説

猫が引っ越しする際の注意点とは?慣れるコツある?ストレスを減らすには?

引越し業者は水槽の輸送をしてくれるの?費用は?梱包はどうしたらいい?