引越しの見積もりって電話のみではできないの?デメリットは何がある?

 

引越しするにあたって絶対に欠かせないのが、引越し業者への見積もりの依頼です。

見積もりを依頼するのであれば訪問見積もりがおすすめできますが、人によってはいくら見積もりであっても他人に家の中を見られたくないという人もいるでしょう。

そんな時は訪問見積もりではなく、電話で見積もりを依頼することも可能です。

ただ、電話で見積もりをする時にデメリットがないか気になりますよね。

この記事を読むことで、電話のみで見積もりができないか、電話で見積もりを依頼するデメリットが分かります。

それでは、電話で見積もりを依頼することができるのか、、電話による見積もりのデメリットについてご説明しましょう。

電話で引越し業者に見積もりを依頼したい人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引越しの見積もりは電話でできないの?

結論から言えば、電話のみで引越しの見積もりを依頼することは十分に可能です。

引越ししようと思っている人の中には、必ず訪問見積もりをしたくない人がいるので、電話のみの見積もりに対応している引越し業者が多数存在します。

それでは、引越しの見積もりを電話で行うメリットについてご説明しましょう。

引越しの見積もりに時間がかからない

電話で見積もりを依頼するメリットとして、わざわざ自宅に訪問して見積もりを行うという時間が必要なくなることが挙げられます。

訪問見積もりを行うことになった場合、自宅に訪問する日を決めてからでないと見積もりが始まりません。

時間に余裕がある人は訪問日までほぼ何もできない状態になってしまいますし、時間ばかり過ぎてしまうもったいなさを感じる人もいるでしょう。

やっと営業マンが自宅に訪問したら、時間をかけて正確な荷物の量を把握しなければならないのでそこでも時間がかかります。

もちろん営業マンが訪問している間は様々な説明を受けたり、その場で値段交渉や要望を伝えたりとやることが多くあります。

訪問する時には部屋を綺麗にしておく必要性もあるなど、ある意味では非効率だとも言えるでしょう。

引越し業者からの営業を受けることがない

営業マンが訪問見積もりをしに来た時、その場で過剰な営業行為を行ってくることがあります。

これは営業マンが自宅にやってきたことによって断りにくくさせる方法の一つでもある上、最悪の場合は引越しの契約を行うまで帰ってくれないこともあるでしょう。

相手も引越しの契約を取るために必死になっているだけかもしれませんが、依頼主にとっては迷惑この上ありません。

電話のみの対応であれば過剰な営業を受けることもありませんし、無理矢理契約を迫られるような事態になることもないので、安心して見積もりが依頼できます。

電話のみの見積もりによるデメリット

電話のみの見積もりによるメリットは確かにありますが、デメリットもあります。

一見すると営業マンと顔を合わせなくていいと思われる分、十分に気を付けなければなりません。

それでは、電話のみの見積もりによるデメリットについてご説明しましょう。

電話のみの見積もりに対応している引越し業者が限られている

一番の問題は、電話のみの見積もりに対応している引越し業者が限られていることです。

つまり、電話のみで見積もってもらうとすると、自然に引越しが依頼できる業者が少なくなってしまいます。

特に大手引越し業者だと家族で引越しする場合の電話見積りに対応していないことがほとんどなので、やむなく別の引越し業者にするか、訪問見積もりをしてもらうしか方法がありません。

ただ、単身引越しであれば電話のみの見積もりを受け付けている可能性が高いため、一人暮らしの人が引越すのであれば電話見積もりを行うのもおすすめできます。

引越し内容を正確に伝えないと、思うように話が進まない

電話で見積もりを行う時に注意したいのは、電話で正確な引越し内容を伝えなければならないことです。

どのような見積もりでも、スムーズに引越しする為には正確な引越し内容が必要不可欠になります。

訪問見積もりであれば営業マンが直接荷物の量を確認することができますし、部屋の間取りや周辺状況なども確認できます。

しかし、電話での見積もりとなると、これらの情報を全て自分の口だけで正確に伝えなければなりません。

電話で伝えた内容と実際に見た状況が違っていると、それだけ引越し作業が始まる時間が遅くなってしまいます。

引越しは少なからず周辺の住民に迷惑をかけてしまうものなので、いかに正確に引越し内容を伝えられるかどうかが重要です。

特に旧居や新居にエレベーターがあるかどうかは重要な項目になるため、忘れずに伝えておきましょう。

また、荷物の申告漏れが出る可能性もあります。

引越し業者は見積もりの際に申告された情報を元にトラックやスタッフを数人手配して準備するので、もし申告漏れがあった場合は急な対応ができないかもしれません。

訪問見積もりであれば見積書や契約書があるのでトラブルを防ぐことができますが、電話見積もりだと見積書も契約書もない状態です。

どちらが言ったか言ってないかで揉めることもありますし、もしトラックに積み込めなかった分はその場で追加料金を支払うか、後で取りに行くしかありません。

くれぐれも申告漏れのないように注意しましょう。

値引き交渉が難しくなる

訪問見積もりなら営業マンと直接話ができるので、値引き交渉を持ちかけやすくなります。

しかし、電話見積もりの場合だと、どこをどのように値引きしてもらいたいのか具体的な交渉がやりにくくなってしまいます。

直接話し合うからこそスムーズな交渉ができるのであって、電話越しだとイマイチ状況が掴めないので交渉が難しくなるでしょう。

訪問見積もりによるサービスが受けられなくなる

引越し業者の中には、訪問見積もりを依頼した人へのサービスとして、日用品を送ったり梱包資材を無料で提供してくれることがあります。

これらのサービスはこれから引越すにあたって重宝するものなので、訪問見積もりは決して無駄な方法ではありません。

しかし、訪問見積もりをしないということはこれらのサービスが全て受けられなくなってしまうことになります。

日用品はおろか梱包資材も自分で用意しなければならなくなるので、特に時間がない人にとっては手痛いことになるかもしれません。

時には時間がかかったとしても訪問見積もりを依頼した方が良い場合もあるでしょう。

さいごに

訪問見積もりが嫌だという人は、電話で見積もりを依頼するのがおすすめです。

しかし、電話見積もりに対応している引越し業者が限られていたり、様々なデメリットがあるなど気を付けなければならないことが多くあります。

それらの問題が起こる可能性があると分かった上で電話見積もりを行うようにしましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しの相見積もりの方法ってどうするの?何社見積もりしたらいい?

引越しの一括見積もりのメリットとデメリットって何?

引越しの訪問見積もり前に事前に準備しておくことってある?注意点は?

引っ越しで見積もり料金が高いと感じたら確認すること9選

引っ越しの見積もり料金は妥当?引越し費用を調べるコツとは?

訪問見積もりなしで引越しの見積もりをしてもらうのは可能?デメリットはある?