引越しの訪問見積もり前に事前に準備しておくことってある?注意点は?

 

引越しする際には引越し業者に見積もりを依頼して、訪問見積もりを行って正確な見積もり金額を算出してもらう必要性があります。

しかし、訪問見積もりを行うということは自宅に営業マンが来るため、事前に準備しておかなければならないことがあるかもしれません。

営業マンが見積もりしやすいように準備したり、注意するべきポイントがあるのではないでしょうか。

この記事を読み込むことで、訪問見積もりをする前に事前に準備することが分かります。

それでは、訪問見積もりを行う前に事前に準備することは何か、どんな注意点があるのかご説明しましょう。

訪問見積もりを依頼する人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



訪問見積もりを行う目的について

引越しをする時に訪問見積もりを行った方が良いと聞いたことがある人もいるかもしれませんが、訪問見積もりを行う目的について考えたことはあるでしょうか。

訪問見積もりを行う主な目的は、『トラックに積み込む荷物の量を把握すること』、『周辺状況を確認すること』の2つが挙げられます。

電話やメールで見積もりを依頼する場合だと正確な荷物の量も周辺状況も確認できませんし、訪問見積もりならスムーズな引越しを行うのに必要な確認ができます。

また、依頼主にとっては正確な引越し費用の相場を比較するために行う方法でもあるでしょう。

1社だけに見積もりを依頼しても、それが本当に妥当な相場なのか分かりません。

複数の引越し業者に訪問見積もりをしてもらうことで、より正確な引越し費用の相場を比較することができます。

訪問見積もりを行う前に注意しておきたいこと

実際に訪問見積もりを行う前に注意しておきたいことがあります。

ただ訪問見積もりを依頼しても、準備不足では訪問見積もり当日になって慌ててしまうかもしれません。

それでは、訪問見積もりを依頼する前に注意しておきたいことについてご説明しましょう。

複数の引越し業者に訪問見積もりをお願いする時は、時間をずらそう

1社だけに訪問見積もりを依頼するならまだしも、複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼する場合は絶対に時間をずらしましょう。

訪問見積もりは正確な見積もり金額を把握しやすい方法なので、複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼すれば大体の相場が分かります。

しかし、訪問見積もりを行う場合は事前に営業マンが自宅に訪問する日にちと時間を決めることになります。

つまり、もしここで日程の調整が上手くいかず、同じ時間に二つの引越し業者が鉢合わせる可能性があるでしょう。

もちろん先に時間を決めていた営業マンに訪問見積もりをしてもらうことになりますが、その会話は外で待っている営業マンに聞かれる可能性があります。

しかもお互いに契約を取り合っている状態なので、これ見よがしに契約を迫ってくるかもしれません。

そうでなくても引越し業者を外で待たせているという焦りを感じながら説明を聞くことになるので、日程がダブルブッキングするような事態にならないようにしましょう。

引越し先に持っていく荷物をハッキリさせる

一番気を付けておきたいのは、引越し先に持っていく荷物とそうでない荷物を分けることです。

訪問見積もりを行う目的は、何といっても営業マンの目で直接正確な荷物の量を把握することです。

ここで持っていく荷物とそうでない荷物を分けておかないと、営業マンとしても正確な荷物の量を把握しにくくなるでしょう。

また、訪問見積もりが終わってから持っていく荷物が増えてしまった場合、そのことを引越し業者に相談すると見積もり金額が想像以上に高くなる可能性もあります。

余計に引越し費用を高くしないためには、事前にきちんと荷物を分けることが大切です。

訪問見積もりをする前に事前に準備しておくことについて

訪問見積もりを行う前に、様々な準備を済ませておかなければなりません。

訪問見積もりは正確な見積もり金額を算出するために重要なことなので、事前に準備が済ませてあると訪問見積もりがスムーズになります。

それでは、訪問見積もりを行う前に事前に準備しておくことについてご説明しましょう。

引越し先に持っていく荷物と処分する荷物を分ける

上記の注意点と似ていますが、自宅を訪問した営業マンにとって見積もりを始める前に説明されないと、そこにある全ての荷物を引越し先に持っていくものとして考えます。

つまり、本来はこれから処分しようとしている荷物まで見積もり金額にカウントされてしまうため、荷物の量が多くなって見積もり金額が高くなってしまうでしょう。

引越し費用を安く抑えるためにも、まずは引越し先に持っていく荷物と処分する荷物であることを事前に営業マンに伝えることが大切です。

事前に説明してくれれば営業マンもその通りに計算するので、忘れずに準備しておきましょう。

訪問見積もりを行う引越し業者がどんなサービスを提供しているのか確認する

訪問見積もりを行う前に確認しておきたいのが、見積もりを依頼する引越し業者がどんなサービスを提供しているかどうかです。

引越し業者が提供しているサービスは業者ごとに違いますし、サービスを利用した分だけ引越し費用が高くなる可能性が高いです。

業者ごとに提供しているサービスが違う以上、自分が利用したサービスがあるかどうか確認する必要性があります。

引越し業者が提供している主なサービスは、以下の通りです。

・荷物の荷造りと荷解きを行うサービス
・エアコンの移設
・ペットの運搬
・貴重品などを運んでもらうサービス
・ピアノの運搬
・ハウスクリーニング
・単身パック

他にも様々なサービスがあるので、事前にどんなサービスが提供されているか確認しましょう。

いずれのサービスも利用したい時は営業マンに伝えておくと、見積もり金額を算出する際にサービスを利用した時の料金が加算された見積もり結果を見せてくれます。

荷造りや荷解きをスタッフが行う場合だと見積もり金額が高くなるので、スタッフに任せずに自分で荷造りや荷解きを行った方が安くなります。

また、ペットの運搬は基本的に断られると思ってください。

ペットは基本的に引越し業者が加入している保険の対象外になりますし、それでも運んでもらいたいならオプションサービスという扱いになるでしょう。

営業マンに相談することでどうするか決められるため、作業中に何があっても引越し業者は責任を負えない可能性が高いことを覚悟する必要性があります。

さいごに

訪問見積もりを行う時は単に営業マンに任せっきりにするわけではありません。

きちんと準備が行き届いているほどスムーズに見積もり金額を算出することができますし、当日になって混乱することもないでしょう。

引越し先に持っていく荷物と処分する荷物を分け、スムーズに見積もりが行えるように準備するのが得策です。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しの際に訪問見積もりを行うことで正確な見積もり金額を算出してくれますが、自宅に営業マンが来る以上は掃除や片づけを行っておいた方が良い...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しの相見積もりで同時に交渉するコツってある?

引越しの見積もりは何社にしたらいい?複数の見積もりってどうしたらいいの?

引っ越しの見積もり料金は妥当?引越し費用を調べるコツとは?

引越しの一括見積もりのメリットとデメリットって何?

訪問見積もりなしで引越しの見積もりをしてもらうのは可能?デメリットはある?

引越しの訪問見積もり前に掃除や片づけをしておくと料金が安くなったりするの?