会社に引越しの報告は必要?いつどのタイミングで誰に何を伝えたらいいの?

会社に勤めている会社員は、自分で様々な手続きを行う必要性がない代わりに給料から天引きされているシステムになっています。

それとは別に、会社員が引越した場合、引越しの報告をする必要性があるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

実は会社と引越しは密接な関係にあると言っても過言ではありません。

引越ししたらその旨を会社に報告しないと、後で大変なことになるかもしれません。

そこで、引越したら会社に報告しなければならないのか、報告するなら誰にどのタイミングでした方がいいのかご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそも会社に引越ししたことを報告する義務はあるの?

結論から言えば、会社に引越ししたことを報告する義務はありません。

義務はありませんが、報告しなければしないで様々な問題が発生する可能性があります。

そもそも会社に勤務する社員は、自分で行うべき税金、健康保険料、年金などを初めとする様々な支払いを会社側が代わりに行ってくれています。

引越ししたことを報告しないと、それぞれの支払いの手続きに困ることになりますし、自分の為にもなりません。

元々会社の規約として『住所の変更があった場合は所定の届け出を提出すること』と決められているので、余程の理由がない限り報告した方が良いでしょう。

たとえ報告していなくても遅かれ早かれバレることですが、報告しなかったことによって社会人としての常識がないというレッテルを貼られる可能性があります。

引越ししたら必ず報告しましょう。

引越しの報告をしなかった場合、会社は何に困る?

まず最初に、市区町村への連絡に困ります。

会社は社員一人一人の代わりに様々な支払いを代行してくれていますが、その為には社員が現在住んでいる市区町村の役所に連絡しなければならないということになります。

役所に連絡して代わりに様々な手続きを済ませることで給料から天引きされるものですが、引越しした報告を受けていない場合、住民票が移されていることを知る由がありません。

つまり、本人の住民票がない市区町村の役所に連絡をしてしまうことになるのです。

会社は天引きの際に支払いや手続きが滞らないように管理しているものの、報告を怠ったせいで役所とやり取りする際にトラブルが起こってしまいます。

労災がおりず、交通費を不正受給してしまう可能性がある

会社に通勤している人は、自動車や電車、バスなど様々な交通手段を利用していることでしょう。

その際に交通費を支給してもらっている人は、引越しの報告をしないと大変なことになります。

まず、通勤途中に何らかの事故に巻き込まれた場合、会社に通勤している最中での事故になるので労災の対象となります。

しかし、この労災は引越しによって住所が変わったことを会社が把握していないと、労災の対象から外れてしまうことになるでしょう。

また、引越して会社から遠くなったならまだしも、近くなったことを報告していない場合、以前の住所から通っていることになるので交通費を不正に受け取っているという扱いになります。

もちろん同一市内に引越した場合でも通勤と労災の問題が発生する為、例外ではありません。

不正受給は立派なトラブルの一つなので、忘れずに報告する必要性があるのです。

引越しの報告をどのタイミングで誰にすればいいの?

上記の問題から引越しの報告は必然的に行うべきですが、誰に報告すればいいのか分からない人もいるでしょう。

きちんと報告しておかないと様々なトラブルになるので、タイミングを逃さないように注意が必要です。

では、引越しの報告を誰にどのタイミングでするのかをご説明しましょう。

どのタイミングで報告するべき?

引越しの報告は、引越しが決まった時に行うのがベストです。

前もって会社に引越しが決まったことを報告しておけば、会社側も手続きに必要な書類を揃えやすいでしょう。

また、引越しが完了して住民票を移した時も、改めて報告する必要性があります。

いつまでに報告すればいいのか迷う人もいるかもしれませんが、あまりもたもたしていると会社側が必要な手続きを行うまでの期限が迫ってきます。

公的な手続きには短い期間が設けられていることもありますし、報告して再び書類を提出するとなればさらに時間が足りなくなるでしょう。

引越しが決まった時に報告するだけでなく、引越しが済んだその日や次の日にでもすぐに報告するのが得策です。

どこで報告すればいいの?

単に会社側と言っていますが、引越しの報告は主に総務部で行うのが一般的です。

総務部では公的な手続きが行われているので、引越しの報告をした時に必要書類を揃えるように言われます。

引越しの際に自分が行う手続きは、住所変更届です。

場合によっては住民票のコピーの提出が求められるので、あらかじめ事前に確認を取っておきましょう。

また、総務部などがない会社に勤務している場合は、事務係などに報告するのが一般的です。

どうやって報告すればいい?

中にはメールで報告を済ませようとする人がいますが、社会人としてメールで済ませるのはマナー違反であり、相手の心証を悪くしてしまいます。

ここはメールではなく、きちんと自分の口から伝えるようにしましょう、

口頭で伝えてから必要書類を提出することで、無事に手続きを済ませることができます。

上司に引越しの報告をする必要性はあるの?

総務部には報告したので、上司には知らせる必要性がないと思っている人もいるかもしれません。

しかし、上司に報告していないことで何らかのトラブルが発生する可能性もあります。

では、上司に引越しの報告をする必要性があるのかについてご説明しましょう。

余程のことがない限り、引越しの報告はした方が良い

総務部には報告したけど、引越しはあくまでプライベートなことなので報告する必要性はないというのは大きな間違いです。

上司としては部下の状況を把握しておかないと後で様々なトラブルに繋がる可能性がありますし、そもそも引越ししたことを知らせてくれないことで信頼が失われることもあります。

総務部には報告したことが分かっているのに、それを上司にもしてくれないのはコミュニケーションがギクシャクしたものになりかねません。

上司にも様々な性格の人がいるので、引越しの報告をしなかっただけで傷つく人もいます。

ここは総務部に報告するのと同じように、引越しが決まった時と引越しが終わった後にしっかり報告するのがベストです。

さいごに

会社にまで引越しの報告を済ませなければならないのは非常に面倒に思うかもしれませんが、そもそも報告が義務付けられている時もあります。

義務でなくても引越しの報告をしなかっただけでトラブルになることもあるので、忘れずに報告を済ませるのがベストです。

面倒とはいっても引越しが決まった時や済んだ後に口頭で知らせ、必要書類を提出するだけなので簡単です。

社会人の一般的なマナーとして、やるべきことは先に済ませておきましょうね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

建て替えで仮住まいに引越しする時に必要な手続きって何?住民票はどうなる?

転勤で引っ越しする際に必要な手続きって何があるの?