引っ越しでテレビの配線接続やチャンネル設定はどうしたらいいの?

引っ越しによってテレビを移動させた場合、必要になるのが配線接続やチャンネル設定です。

きちんと配線を接続したり番組が見れるようにチャンネル設定を済ませておかないと、テレビが映らないような事態になりかねません。

引っ越しが一段落していざテレビを見ようとしても、テレビが映らないのは様々な原因が挙げられます。

テレビの引っ越しをする前に、気を付けたいこともあるので忘れないようにしましょう。

そこで、テレビの引っ越しをした時、配線の接続やチャンネル設定はどうすればいいのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



テレビの引っ越しをするにあたって気を付けることは?

テレビを引っ越しさせるにあたって一番重要なのは、故障や破損の心配がないように梱包することです。

しかし、梱包だけに気を取られていると、引っ越し先でテレビが見れないことになりかねません。

特に気を付けたいのは、テレビの配線や付属品です。

テレビを見る為には必要な配線をきちんと接続させなければなりませんし、付属品がなければ正しく配線を接続していても画面が映らないこともあります。

したがって、引っ越す際にテレビに接続していた配線をひとまとめにして一緒に梱包したり、付属品もなくさないように一緒に梱包するのが得策です。

テレビの種類によっては配線や付属品も違ってきますが、基本的に一緒に接続してあったものをひとまとめにする形で構わないでしょう。

ただし、配線をひとまとめにする場合、輪ゴムを使うのはNGです。

輪ゴムは縛る力が強いので、デリケートな配線を断線させてしまう可能性があります。

ひとまとめにする場合は、結束用の針金でまとめたり袋に入れたりして一緒に梱包しましょう。

引っ越し先でテレビが映らない!どうすればいい?

引っ越し先でテレビをつけても、何も映らないことは日常茶飯事だと言って良いでしょう。

引っ越し先でテレビが映らないのには、様々な原因が挙げられます。

では、テレビが映らない時の原因や対処法についてご説明しましょう。

配線の接続が間違っていないか確かめる

テレビの配線は他の機器に比べて単純ではあるものの、同じ形、同じ接続口であったりと意外に混乱しやすいので注意が必要です。

もしもテレビが映らないのであれば、もう一度配線の接続が間違っていないか確認してみましょう。

取扱説明書があるなら、それを見ながら接続し直せばテレビが映る可能性があります。

もし取扱説明書がないなら、インターネットでテレビの型を調べて接続方法を確認するのが得策です。

もし配線を接続してもどこが間違っているのか分からない場合は、一度全ての配線を取り外して、もう一度最初から接続し直しましょう。

引っ越しする前に目印を残したり、状態を写真に残そう

引っ越し先でどんな感じで配線が接続してあったのか混乱しない為にも、引っ越す前に目印をつけたり、接続してあった状態を写真に残すのが得策です。

まず、全ての配線がどの部分に接続してあったのかを写真に残しておきましょう。

写真に残しておけば引っ越した時にどこに接続してあったのか分からなくなった場合でも、写真を見れば簡単に接続できるでしょう。

次に、マスキングテープなどの剥がれやすいテープとペンを用意して、配線と差し込み口付近に目印をつけます。

どの配線をどこに接続すればいいのか目印がついていれば非常に分かりやすい為、簡単に接続することができます。

配線が断線しているかも

きちんと正しく配線を接続させているはずなのに、それでもテレビが映らない場合は配線自体が断線している可能性があります。

配線はどてもデリケートなものですし、引っ越しの途中で曲げたり折ったりすることで断線する恐れがあるのです。

特にアンテナ線は他の配線よりも慎重に扱わなければなりません。

折ったり曲げたりするだけですぐに断線することもありますし、外見に問題がなくてもテレビがつかないこともあります。

もしも配線が断線など破損している場合は、現在のテレビに対応する配線を家電量販店などで買い求める必要性があるでしょう。

B-CASカードがしっかり差さっているかどうか

テレビを購入したばかりの人なら覚えているかもしれませんが、近年のテレビはテレビの放送を受診する為のICカードとしてB-CASカードがついています。

つまり、B=CASカードがしっかり差さっていなければテレビは一切映らないということになるのです。

基本的にB-CASカードは指定された差し込み口に差す必要性がありますが、引っ越しによる振動で抜ける可能性も少なからずあります。

さらに、引っ越しの際に安全の為にB-CASカードを抜いている人もいるので、忘れずに差し込んでおきましょう。

もしくはB-CASカードの差し込み方向が間違っていることもある為、差し込み方向をもう一度確認して再度差し込むのが得策です。

チャンネル設定をもう一度確認しよう

配線の接続、B-CASカードが万全の状態でもテレビが映らないなら、チャンネル設定が間違っている可能性があります。

同じ地域内で引っ越したなら問題ないかもしれませんが、もし地域外から出ると対応している受信エリアから外れてしまうので、以前のままのチャンネル設定ではテレビが映りません。

テレビの設定の中には自動で設定してくれるというものもありますが、これは引っ越しによる受信エリアから外れた時に自動で設定してくれるものではありません。

自動設定は自分で設定をスタートさせないと働かないので、まずは自分で設定を正しくする必要性があります。

チャンネル設定を行う場合は、メニュー画面の設定からチャンネル設定を選択し、地上デジタルを選択して再スキャンを行うのが一般的です。

基本的には取扱説明書にやり方が記載されているので、そのやり方に従って設定すればテレビが映る可能性があるでしょう。

ケアレスミスでテレビがつかないことも意外とある?

以上の設定を行ってもテレビがつかない場合は、もう一度周りを見渡してみましょう。

ほんの些細なケアレスミスが原因でテレビがつかないことはよくあることなので、十分に気を付けるべきです。

では、意外と多いケアレスミスについてご説明しましょう。

電源コードが入っていない

意外とやりがちなのが、電源コードが入っていないという初歩的なケアレスミスです。

引っ越しでバタバタしているので一番簡単な作業を後回しにしてしまい、結果的にテレビがつかないというのは意外によくあるものです。

テレビがつかないと慌てる前に、電源コードが入っているかきちんと確認しましょう。

主電源が入っていない

電源コードが入っていても配線が正しく接続されていても、主電源が入っていないようではテレビが映らないのも無理はありません。

主電源は基本的にリモコンではつかない為、先にテレビの主電源を入れることが何よりも大切です。

引っ越しによって基本的なことを忘れているケースは意外と多いので、十分注意しましょう。

入力切替で勘違いしやすい?

テレビには入力切替によって地デジやビデオ、HDMIなどの画面に切り替えることができます。

しかし、入力切替を行っていることを忘れてしまっていると、思わずテレビが映らないと同様してしまうこともあるでしょう。

入力を地デジに切り替えることできちんと映るようになるので、まずは切り替えてみましょう。

さいごに

引っ越しによってテレビの配線を接続しなければならなかったり、チャンネル設定を行ったりとやることは意外に多いです。

特に引っ越しでバタバタしている状態ではケアレスミスが起こりやすく、些細なことでテレビが映らないと慌ててしまうものです。

もしあらゆる手を使ってもテレビが映らない場合は、電気屋さんなどのプロを呼んで解決してもらった方が良いでしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

通常、洗濯機や冷蔵庫などは自分で運ぶと故障や破損の原因になるので厳しいですが、テレビはどうなるのか気になった人もいるのではないでしょうか? ...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しで電子レンジの梱包や箱詰めはどうするの?そのままでもいいの?

テレビの引っ越し費用の相場は?梱包はどうしたらいい?