引越しする際のハウスクリーニングは必要なの?自分で掃除しちゃダメ?

引越しする際に様々な手続きを済ませ、これからいよいよという時に疑問に思うのが、部屋の掃除の必要性です。

今まで住んでいた部屋への感謝として最低限綺麗にしてあげたいという気持ちもあるかもしれませんが、ハウスクリーニングの業者に頼むという選択肢もあります。

しかし、業者にハウスクリーニングを頼むとお金がかかるので自分で掃除したいと思う人もいるでしょう。

はたして、自分で掃除するのは駄目なのでしょうか。

そこで、引越しする際にハウスクリーニングをする必要性はあるのか、自分で掃除するのは駄目なのかご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引越しの際に自分で掃除するのはダメなの?

結論から言えば、引越しする時に自分の部屋を掃除しても構いません。

掃除の有無を気にするより、今まで住んでいた部屋への感謝として最低限でも掃除をしておきたいという人が多いという傾向にあります。

ハウスクリーニングは引越しする前に頼むことも出来ますが、基本的には住人が引越した後に専門業者がハウスクリーニングをすることになっています。

つまり、遅かれ早かれハウスクリーニングによる掃除を行うので、たとえ掃除をする時間がなかったとしても問題ありません。

とはいえ、引越しする時に最低限の掃除をしておくのは暗黙の了解、マナーとなっていることがほとんどなので簡単な掃除をしておくのが得策です。

また、必要最低限の掃除をすることで敷金が返還されるというケースもあります。

これを、原状回復と言います。

引越しする際の原状回復とは?

引越しする際に掃除をしなくてもいいという話があるものの、敷金が返還されるとなると出来る限り多く返還してほしいと思いますよね。

しかし、敷金を返還してもらう為には引越しする前の掃除にかかっています。

敷金というのは、入居者が家賃の滞納など何らかの原因が発生した時の為に入居前に預けておくお金のことです。

真面目に生活していれば敷金が使われることはないように思われますが、油断してはいけないのが引越しする前の原状回復です。

原状回復とは、自分が入居してから引越すまでの間に汚れたり壊したりしたものを元に戻すことです。

ハウスクリーニングの際に入居者が付けた汚れや壊したものなどを修繕しなければならず、その時にかかった費用が敷金から引かれる仕組みになっています。

つまり、原状回復の状態によって返還される敷金が決まるということになります。

では、原状回復について詳しくご説明しましょう。

敷金から引かれる仕組みはどうなってるの?

理想的な状態は入居した時と変わらない状態まで元に戻すことですが、様々な設備の経年劣化などがあるので入居当時まで元に戻すのは事実上不可能です。

だからといって自分が生活する上で防げるはずの汚れや破損をそのままにしておくと敷金から費用を引かれてしまうでしょう。

しかし、どこまで原状回復をすれば敷金が返還されるのかについては明確な定義がありません。

つまり、どんなに入居者が原状回復を行っても貸主が入居者が費用負担するべきだと言えば敷金から引かれる可能性があります。

これは国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という指針があるので、それを参考にするか貸主に確認する必要性があるでしょう。

どのくらいまで原状回復すればいいの?

どこまで原状回復すればいいのか明確な定義がない以上、掃除に踏み切りにくいこともあるでしょう。

原状回復の度合いによっては敷金から引かれてしまうので、何としても返還される敷金を確保したいところです。

ここで覚えて起きたいのは、経年劣化の具合です。

畳やクロスの変色、フローリングの色落ちなど普通に生活していて劣化してしまうものは、誰が住んでいても起こる現象なので入居者に責任はありません。

このような経年劣化は入居者ではなく貸主が費用を負担するので、敷金からは引かれません。

つまり、明らかな経年劣化以外の汚れや破損を元通りにするのが原状回復ということになります。

どこまでが原状回復で、どこからが経年劣化?

原状回復の明確な定義がないとはいえ、どこまでが原状回復でどこからが経年劣化なのかが判断出来れば、上手く敷金を返還してもらえるでしょう。

自分が原状回復する必要性があるところが分かれば、無駄な掃除をしなくて済むので掃除の際に焦る心配もありません。

では、どこまでが原状回復、経年劣化なのかをご説明しましょう。

原状回復の必要性があるところとは?

原状回復の必要性がある箇所はとても多くあります。

原状回復の必要性がある箇所をまとめてみたところ、

・フローリングの色落ち
・イス等によるフローリングのキズやへこみ
・飲み物等をこぼしたことによるシミ、カビ
・冷蔵庫下のサビ跡
・壁などのクギ穴、ネジ穴
・タバコ等のヤニ、臭い
・こびりついた台所の油汚れ
・こびりついたガスコンロ置き場、換気扇の油汚れ
・飼育ペットによる柱などのキズや臭い
・風呂・トイレ・洗面台の水垢、カビ
・引越し作業で付いたキズ
・落書き等の故意による汚れ
・結露を放置したことによって拡大したシミ、カビ

以上が主な原状回復の対象となっています。

実際に見ると数が多くてウンザリするかもしれませんが、これらは全て生活している中できちんと気を付けていれば防げることだと判断されます。

しかし、これら全てを意識的に気を付けるのは難しく、多くの人が敷金から引かれているような状態だと言っていいでしょう。

まず、台所の油汚れについてですが、これは雑巾などでサッと拭けば落とせる程度の汚れなら費用を負担されることはありません。

しかし、油汚れは放置してしまうとこびりついてなかなか落とせません。

そのような状態まで放置してしまうと入居者が費用を負担することになります。

つまり、落とせるはずの汚れを放置してしまうと費用を負担することになる可能性が高いので、汚れたらすぐに拭き取るなどをして綺麗に保つ必要性があるのです。

きちんと掃除を怠らなければ引越しする時に敷金が返金される可能性が高まるので、敷金を多く返還してもらいたいなら日頃からなるべく気を付けるべきでしょう。

また、ペットの飼育によるキズや汚れに関しては基本的に入居者が負担することになっていますが、場合によっては費用を負担する必要性がない時もあります。

ペットを飼っている以上は仕方ないことだと思うかもしれませんが、出来る限り未然に防ぐか、対応策を考えるのがベストです。

経年劣化だと判断されるところとは?

原状回復の必要性があると共に、入居者が掃除をする必要性がない経年劣化の部分があります。

経年劣化や入居者が費用負担する必要性がないと判断される箇所についてまとめてみたところ、

・日焼け、建物の欠陥によるフローリングの色落ち
・日焼け、建物の欠陥による畳やクロスの変色
・家具の設置による床、カーペットのへこみ
・電気ヤケ
・サッと拭けば取れる台所の油汚れ
・サッと拭けば取れるガスコンロ置き場、換気扇の油汚れ
・壁等の画鋲、ピン等の穴
・台所やトイレなどの消毒
・タバコなどの臭いがついていないエアコンの内部洗浄
・壁に貼ったポスターや絵画の跡
・フローリングのワックスがけ

以上が主な経年劣化及び入居者が費用負担する必要性がない箇所となっています。

しかし、経年劣化かどうかの判断は曖昧になることが多く、勝手な判断をしたばかりに費用負担することになる可能性もあります。

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインがあるとはいえ、これには法的拘束力がないのでいくらでも判断が変わることがあるでしょう。

たとえばカレンダーやポスターなどを貼る為に数個ほど壁に画鋲で穴を空けた程度なら貸主が負担しますが、穴の数が異常に多かったりすると修繕の必要性が出てくるので入居者が負担することになる可能性が高いです。

また、勘違いしやすいのが経年劣化によるものです。

壁やクロスの変色やフローリングの色落ちなど普通に生活していると発生する損耗は入居者が負担する必要性はありません。

しかし、これを自分がつけた汚れや変色だと思って勝手な判断で掃除をしてしまうと、かえって悪化する可能性があります。

自分の手で悪化させたものは原状回復の義務が発生する可能性があるので、見に覚えのない汚れや変色があったら賃貸契約書を確認するか、貸主に確認するようにしましょう。

さらに建物の欠陥があったにもかかわらず、それを貸主に報告しなかったことで汚れや破損がひどくなった場合も入居者が費用負担することになるので注意してくださいね。

業者にハウスクリーニングを頼むのはダメなの?

引越しの際に業者にハウスクリーニングを頼むかどうかは完全に自由です。

もちろん業者に頼まないで自分で掃除すれば、ハウスクリーニング代がかからないのでおすすめ出来ますが、自分ではどうにもならない汚れが出てくる可能性は十分にあるでしょう。

ハウスクリーニングであればプロの業者の手によってあっという間に綺麗にしてくれるので、掃除している時間がないという人におすすめです。

時間がない!でも安い業者を頼みたい!そういう場合は一括見積もりがおすすめ

引越しで部屋をきれいにする時間が無いという人にはハウスクリーニング業者がおすすめです。

「でもハウスクリーニング業者ってどこがいいの?」

という疑問もありますよね。

そういう場合には「ハウスクリーニング料金の一括見積もり(無料)」がおすすめです。
1分程度の操作で最大100社まで見積もりを取ることができます。
簡単に見積もりを取ることができる上に複数の業者に見積もりを取るので安い業者を見つけることもできます。
最大で1万円も安い業者を見つけることもできます。
ハウスクリーニング料金の相場を知るためにも業者にお願いするなら一度は利用してみましょう。
詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値のハウスクリーニング業者を探してみる(無料)

新居に引越した時に掃除する必要性はあるの?

通常、前に住んでいた入居者が引越した後は貸主が費用を負担するハウスクリーニングによって綺麗に掃除が行われている状態です。

しかし、ハウスクリーニングによって綺麗に掃除されていたとしても完全に綺麗になっているとは言い切れません。

前の入居者が引越してから時間が経っていることもありますし、誰かが内見した時のゴミが落ちていたり、ホコリがうっすら落ちていたり、汚れやカビが残っていたりと様々な状態になっている可能性があります。

したがって新居に引越す時は荷解きをする前に掃除しておくのがベストです。

この時に掃除をしておくのは汚れやカビなどを綺麗にするだけでなく、どこかに破損している箇所がないかチェックする目的もあります。

もしもこの時の掃除で破損個所を見逃してそのまま引越すまで気づかなかった場合、引越す時になって破損個所が見つかり、身に覚えのない破損の修繕で費用を負担することになりかねません。

もし破損している箇所があったら貸主に伝えて修繕してもらいましょう。

さいごに

引越し前の掃除は今まで住んでいた部屋への感謝であり、貸主に対するマナーでもあります。

これは敷金返還の為に重要なことでもありますし、費用を負担することにならない為にも出来る限り掃除しておくのがベストです。

掃除は費用を節約するなら自分でした方が良いですが、もしそんな時間がない場合はハウスクリーニングに頼んで綺麗にしてもらいましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越し前にハウスクリーニングを行って部屋を綺麗にしておきたいと考える人は多くいるでしょう。 事前に部屋を綺麗にしておくことで敷金を多く返し...
引越しする前には様々な準備や手続きが必要になってくるので忙しくなりがちですが、ここで疑問に思うのが掃除の必要性です。 あまりにも忙しいと自...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越し前のハウスクリーニングの費用の相場は?1R、1K、1DK、1LDK、広さ別...

引越し前のハウスクリーニングの内容はどういうことするの?時間は?